RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 柴田!朝飯喰うぞ! | main | 生まれなかった者たち >>
歯磨きブログです。
0

    5月12日   晴れ   起床7時

     

    昼食    肉じゃが

          玉子巻き

          きんぴらごぼう

          白菜の漬物

          ご飯少々

     

    昼食後、マッツへ。

    本日のマッツは男性アイドルグループの公演。

    「お旅まつり」は最終日。

     

    この頃、歯磨きをしてるときに浮かんだことをブログに

    書いている。

    鏡に映る醜い顔と、醜い肉体を観ながら、せっせと歯を

    磨き顔を洗う。そりゃなんか浮かぶわな。

     

    今朝浮かんだのは次の通り。

     

     ー男と女は相性が悪いー

     

    夫婦然り。

    恋人同士然り。

     

    なぜこんなことを書くかと云うと、夫婦は上手く行くもの

    と思ってる人が多いからだ。

     

    夫婦は上手くいかないのが当たり前。

    上手く云ってるように見える夫婦は、どちらかが意識的

    に自分を抑え、相手に合わせている。

     

    男と女の話は噛みが悪い。

    もちろん、全部が全部ではない。面白い女もいる。

     

    女は滅多にオリジナルな面白い話をしない。

    女は情報通ではあるが、戯作者ではない。

    情報の量は男を凌駕するが。

     

    でも、男と女の間にエロを持ち込むと話は別になる。

    エロをぶら下げられると、男は優秀な戯作者に変身する。

    女の話に合わせギャグを連発し、女の気を引こうと悪戦苦

    闘する。やはり、「エロは偉大なり!」だ。

     

     −男と女は滅多に上手く行かないー

     

    そう教えれば離婚は減る。「上手く行くもの」と教えるから

    離婚だらけになる。「男女平等」なんて味もそっけもない標

    語を信じると地獄に落ちる。世の中は複雑ですから。

     

    今朝歯磨きからもうひとつ。

     

     −資本主義も共産主義も似たようなものー

     

    小沢一郎みたいだが、そう思う。

    日本共産党と自民党の距離はそんなに離れていない。

    地球の裏と表だと云う人がいる。

    人間の思うことはそんなに違わない。

     

    そう思えれば、相当に世の中平和になる。

    いらんエネルギーを無駄に使わないで済む。

     

    フォーク・ミュージックとロック・ミュージックは、ほと

    んど同じだ。共産党であれ、自民党であれ、大きな差は

    ない。

     

    それを、「違う」と思わせて得をしているのは、マスメデ

    ィアだ。誰の心の中にも、共産党と自民党はいるんじゃな

    いか。

     

    平等は大事だし、競争社会も大事。

    作家開高健は、同一的自己矛盾を大いに好んだ。

    ここらあたりを整理できれば、沢山の政党は必要ない。

     

    戦後の古い概念を潰さないと。

    日本は何でもかんでも溜め込み過ぎる。

    米国は破壊者トランプを大統領にした。

    破壊の無い改革など、誰が信じる!

    日本に必要なのも、破壊に他ならない。

     

    女の機嫌をとってもしょうがない。

    「俺は右だ!」と、突っ張りまくっても意味はない。

    次に行こう、次に。

     

    ケーシー・ジョーンズは機関車にたっぷり石炭を喰わせ

    た。それでやめとけばよかったのに、自身はコカインを

    喰った。

     

      ドライビン・ザット・トレイン

      ウイズ・ハイ・オン・コーケイン

     

    機関車は暴走列車と化した。

    駅と云う駅をすっ飛ばした。

    悩みも悲しみもすっ飛んでいった。

     

    ジョーンズ機関士は物凄いスピードで暴走した。

    ついにはスピードそのものになった。

    車輪とレールがこすれて火花が散った。

    光の列は銀河のように闇夜に続いた。

     

    またね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

          

     

     

    | - | 16:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955881