RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 歯磨きブログです。 | main | 世の中に合わしたらアカン! >>
生まれなかった者たち
0

    5月16日   快晴   起床5時

     

    朝食   チャーハン

         生野菜・サラダ

         ほうれんそうのお汁

     

    あんまり天気が良くてアホになりそうだが。

    連日好天が続く。

    僕はここんとこ、競輪にも行かず、酒も飲まず

    真面目に生きている。

     

    詞はいくつか書いた。

    ロスアンジェルスの落ちぶれた売春婦を主人公に

    したのもある。題名は「セリナ・ラファティの罪」

    麻薬組織の犬になった女の歌。

     

    ザ・バンドの二枚目のアルバムには、米国が南北戦争や

    、鉄道施設工事をしていた頃の歌がいくつかある。

     

    ならば、ソロソロ日本でも、「2・26将校の歌」なんて

    のが登場してもいい。

    「国柱会へ入ろう」「輝やける満州の日々」「現世利益」

    歴史の歌を歌うのはロックマンしかいない。

     

    「傘がない」とか「きっと君は来ない」みたいな都会風

    は僕には作れない。なんてね。嫌味やなー。

     

    先日、久しぶりにギターを買った。

    所有してるエレアコのネックがそって音がビビりだした。

     

    僕は金沢の楽器屋に行った。

    「あの〜、5・6万でエレアコあるかな」

    まあ、あるに決まってるが。

     

    壁に吊るされたエレアコの値段の高いこと。

    19万とか、24万が売れ筋みたいだ。

     

    店員の青年は多分新入社員だろう。

    僕は彼のすすめるギターを弾いてみた。

    「うーん、少し柔らかいな、もう少し張った感じが

     欲しいんやけど」

     

    次のギターはいい感じだった。

    「これは僕、好きだなー」

    青年はそう言ってコードを弾いて見せた。

     

    さりげなくメージャー・セブンが入っていた。

    でも、ストロークが甘い。

    「お前のストロークはフィニッシュが流れる」

    そう云いたかったがやめた。

     

    ヤマハのエレアコを買った。

    なかなかにいい音がする。

    僕は主にコードを弾くのでこれぐらいで十分だ。

     

    彼は僕の素性を知りたそうだったが、僕は何も云わなか

    った。彼はギターが売れてうれしそうだった。おつりの

    20円を忘れて、古手の女店員に注意された。

     

    「お前な、舞い上がってつり銭忘れたやろ」

    「はい、忘れました」

    正直でいい。でも、もっともっとギターに詳しくならんと

    駄目よ。

     

    競輪ではなく、ギターとか、CDに凝ればいいんだけど。

    昔からそれが出来ない。

    どこか恥ずかしい。

     

    なんか、好きな女に「お前が好きなんや」って、云うのと

    同じ。苦手ですねー。

     

    維新の会の議員が除名された。

     

    ー戦争で取られた領土は戦争でしか取り戻せないー

     

    彼は正論を云いたかった。

    ロシアに取られた日本の島にいて、ロシア人や日本人の

    おこないをみて、自分がみじめになったか、日本がみじ

    めになったかして、そう云いたくて堪らなくなった。

     

    ソ連が実効支配したのはそんなに昔じゃない。

    大昔の出来事のように云う人は少しおかしい。

    北方四島は取られてまだ日は浅い。

    ついこないだのことだ。

    忘れんように。

     

    1941年。

    日本は真珠湾を攻撃して太平洋戦争が始まった。

    そして1945年。

    日本は敗戦国になった。

     

    1951年。

    僕は生まれた。日米決戦開始から10年後。

    終戦から5年後でもある。

     

    よく生まれたと思う。

    僕の父と同じ大正生まれが、戦争で一番多く死んだ。

    だから、僕はよく生まれた。

     

    生まれなかった者たち。

    大勢の生まれなかった同胞たち。

     

    彼らをいつ歌う?

    鎮魂の歌をいつ歌うんだ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955882