RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 生まれなかった者たち | main | 日本の夏、日本のロック。 >>
世の中に合わしたらアカン!
0

    5月17日   晴れ   起床6時

     

    昼食    ギョーザ

          生野菜・サラダ

          ほうれん草のお汁

          明太子

          御飯少々

     

    昼飯を喰って自転車で家を出た。

    少し暑い。風がない。

    時間が止まっているみたいだ。

    いつかの昼下がりか。


    小松高校の女生徒がふたり。

    ひとりが自転車を押し、ひとりは荷台を押している。

    白いブラウスに紺のスカート。

     

    日傘の女が水色のスパッツをひるがえし、簡易裁判所に

    入って行く。

    黒い日傘を差し、顔は見えなかったが、笑っているよう

    だった。

     

    昨日は同級生のN君がマッツに顔を出した。

    N君は退職し、今は同級生の世話や、ご近所の世話を

    している。

     

    「色んなつながりを持っとけば、ボケんと思うてな」

    まあ、当たり前のことを云う。

    「つながりがあってもボケるモンはボケる」

    「ま・ま・ま・そうかもしれんけどな」

     

    僕は話をまぜっかえす。

    予定調和は大嫌いだ。

     

    「仕事を終えた途端に、人生までもが終わるぞ!」

    60代後半で隠居暮らしは早い。

    僕はN君にもっともっと活躍して欲しい。

    ボケる心配なぞ無用だ。

     

     −年金もらったら趣味に生きるー

     

    なんてのはアホのする事。

    趣味?なんなの趣味って?

    予定調和に合わせたら命取りになりまっせ!

     

    他人の老後など知ったこっちゃない。

    そやけど、アーダコーダ云いたくなる。

    「右へならえ!」は御免だから。

     

    日本人は鰯の群れで、アメリカ人は空から獲物を狙う鷲。

    鰯の群れは先頭が入れ替わるので、どこに向かってるか

    誰にも分からない。

     

    いつまでも鰯の群れで良い訳がない。

    もしそうなら、変えればいい。

     

    「老後」、嫌な言葉だ。

    こんな言葉使うからテンションが低くなる。

    65歳で定年なら、正に、65歳からが本来の自分の時間

    じゃないの?そうでしょう!

     

    なのに、ご近所の世話焼いて過ごすのはズレてる。

    いや、大いにもったいない。

    死を待っているようじゃアカン!

     

     ーでも、一体何をすればいいの?−

     

    僕は提案する。

    「人生における最後の旅に出なさい」と。

    旅ですよ旅。どうなるか分からない旅です。

     

    観光旅行とは全く違う。

    道しるべも、地図もない密林に、踏み込んでゆく旅です。

    その為に、この歳になるまで働いて来たんじゃないの?

    もう誰もあなたを必要としない。だからチャンスです。

     

    65歳からが面白くないなら、生きる価値は露ほどもない。

    体が云うことをきかない、動けない。だからこそですよ、

    あなたしか出来ない旅に出ましょう。

     

    若い頃に何を成したと云うんでしょうか?

    会社のオファーに答えていただけですよね。これからは、

    誰からもオファーないんです。

     

     ー自分で計画して実行するー

     

    どうです。

    考えようによっては、これからがあなたの人生ですよ。

    生きて帰れなくてもいいじゃないですか。

    もういいんです。あなたが生きようが死のうが。

    あなたの思うジャングルに、未開の地に、旅しましょう。

     

    くれぐれも。

    人生の最後は野垂れ死にです。

    文句無しです!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 16:42 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    予定調和ばっかりの世の中で、予測不能の忠平さんだから素晴らしい!
    老いという自分にとっての未知の世界を生きる。

    老いてもロックじゃないよ。
    老いてこそロック&#8252;
    | ラッキー鋪 | 2019/05/17 6:45 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955883