RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 世の中に合わしたらアカン! | main | 風に乗ってるロックンロール・バンド >>
日本の夏、日本のロック。
0

    5月19日   晴れ   起床5時

     

    朝食   生野菜・サラダ

         玉子巻き

         ウインナー炒め

         焼きピーマン

         牛乳

         ニュー・サマー・オレンジ

     

    伊豆からニュー・サマーが届いた。

    母も僕もこれが大好き。

    「爽やかな風味」と云うならこれ。

    いよいよ本格的に夏ですね。

     

    先のブログで「旅に出よ!」と偉そうに云ったけど。

    例えばジャングル、例えば未開発地であり、装備を整えて

    旅に出ましょうと云う意味ではない。悪しからず。

     

    しいて云えば「真理を追究する旅」かな。

     

    人間、気になることや、良く分からんことが、ひとつやふ

    たつは必ずある。それですよ、それ。

     

    さて。

    朝の8時に歌を歌う訳で。

    今朝は「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」

    エレキも弾いてね。

     

    「ホテル・カリフォルニア」と「デスペラード」は毎日歌

    ってるけど。

    「ホテル」のコード進行はまだしっくりこない。

     

     BmーF♯ーA−E−G−D−EmーF♯

     

    これがAメロのコード。

    これを循環する。

    途中でコードを一つ間違えると、修復不可能になる。

     

    ややこしいのがサビ。

     

     G・G−D−F♯ーBm  G・G−D−EmーF♯

     

    最初のF♯からBmへの進行が良い。

    なかなか思いつかない。

    思いつかないから、油断すると出てこない。

    非常につらい。

     

    「ドント・ルック」は素直なコード進行。

     

    Aメロ   C−G−AmーE−F−G−C

     

    「レット・イット・ビー」とほぼ同じ。

    この曲は「E」がポイント。

    彼らがビートルズを超えた瞬間がこの「E」だと思う。

    素晴らしい。

     

    「良いな」と思う曲には、必ず面白いコード進行がある。

    それをいくつ知ってるかで作曲者の力量が問われる。

     

    新しい進行を自分が作ることはない。

    見つけることはあるが、発明することはゼロだ。

     

    新しいアレンジはこの世に無数にあるが、新しいコード

    進行はありえない。ビートルズ然り。彼らは見つけてき

    たが発明してはいない。

     

    ついでだけど。

     

    グレートフル・デッドはひょっとすると新しいコード進

    行を発明・発見したかも知れない。

    ディミニッシュの使い方は敵なしだ。

     

    「チャイナ・ドール」のコード進行は誰でも虜になる。

    ディミニッシュの持つ「暗さ」こそが、デッドの魅力の

    ひとつだ。

     

    ー乾いた死の暗さー

     

    何が何だか分からないだろうが。

    「イット・マスト・ビー・ローゼズ」の歌い始め。

     

    ー アニーは横たわっていた −

     

    アニーと云う女は、バラの花のスカーフを首に巻き死ん

    でいた。こう云う歌いだしはそうはない。

    悲しさを通り越すと「乾いた暗さ」になるような、なら

    ないような。

     

    歌詞の話はさておいて。


    ボブ・ウエアの作曲はメタリック過ぎて付いてゆけない

    が。彼の使うコードは複雑で、進行も普通ではない。

    ガルシアもウエアも独自の道を進みながら、一緒にバンド

    をやった訳で。そこが魅力だなー。

     

     −夏はやっぱロックやー

     

    僕も知らん間にロック・モード突入しとる。

    一直線な感じ。

    この感じで行きたいなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955884