RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 日本の夏、日本のロック。 | main | 俺はツイてる。美女を独占。 >>
風に乗ってるロックンロール・バンド
0

    5月20日   曇り   起床6時半

     

    朝食    トマト・春キャベツのサラダ

          焼きピーマン

          ウインナー炒め

          串焼き鳥

          コッペパン

     

    昨日マッツは地元のロック・イベントだった。

    東京からのツアー・バンドをメインに、地元・バンド

    が集結した。

     

    トップバッターはキュリオのノブ君のバンド。

    忌野清志郎のカバーでオープニング。

    4人のメンバーはニッカポッカにヘルメット姿。

    なんとも贅沢なオープニングアクトだった。

     

    地元の45歳が集まったバンドは、昼間からマッツの

    前の広場で生演奏。延々レゲエをやっていたが、突然、

     

    ーおいらジャンキー おまけにアルチュー

     

    「メキシコの山」をガナリ出した。

     

    一曲終わるとバンドのサックス奏者が事務所に来て、

    「最後に、今日も小松の街はをやるし、忠平さん歌っ

     てまん!」

    と来た。

     

    「忙しいから歌えん!」

    断ったが、メンバーは次々歌ってくれと事務所に押しか

    ける。ここら辺が小松のアホなところで。

    まあ、僕も小松人なわけで。気持ちは良く分かる。

    でも、心の準備なしでは歌えない。固辞しまくった。

     

    「俺ら、マッツでロックイベントある日は、毎回、外で

     歌うさかい。市役所の許可もとってあるし!」

    「そうかそうかご苦労なことやな」

    「でも、今日の忠平さんは元気そうやわ。こないだ見た

     時はかなりジジイやったぞ」

     

    好き放題言って帰った。

     

    アホがいる街はとてもいい。

    小松はとっくにロック・シティかも。

    マニアックなミュージシャンがゴロゴロいる。

    おまけにガッツが溢れている。

    やわな野郎はひとりもいない。

     

    小松市議会で「小松はロックの街であることを宣言する」

    なんてやったらカッコいいのに。

     

    でもまあ、誰かをあてにしてもしゃあない訳で。

    競輪と一緒。「自力でいきます!」だよなー。

     

    昨日の宇都宮G靴44歳の村上義弘が優勝。

    優勝インタビューでは感極まっていた。

    年寄りが勝つと僕もうれしい。

    励みになる。大いに励みになる。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

          

    | - | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955885