RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 風に乗ってるロックンロール・バンド | main | 18の春、僕は新宿のフーテンでした。 >>
俺はツイてる。美女を独占。
0

    5月21日   晴れ   起床8時

     

    朝食    豚・小松菜・玉ねぎ炒め

          生野菜・サラダ

     

    昨晩は「えびすや」で芋焼酎お湯割り3杯。

      

      肴は、刺身盛り合わせ、鯖焼き。

      おでん(糸コン・スジ・厚揚げ)

      白菜の漬物。

      アンド・千春チャンの微笑み。

     

    昨日は、自転車で市内を駆けずり回った。

    この時期は年度替わりで、用事が次々生まれる。

    慌ただしい一日だったので、一杯飲んで帰ろうと

    「えびすや」に寄った。

     

    午後5時過ぎに「えびすや」に行くと、客はまだ誰も来

    ていない。千春チャンを独占して焼酎を飲む。

    もう、これだけで十分だけどね、ウヒヒ。

     

     −運命とか運について考えるー

     

    この世のすべては運が左右する。

    加えるに、ツイてる奴とツイてない奴がいる。

     

    「あいつは博才がある」なんて云うけど。

    ギャンブルでは、ツイてる奴とツカない奴の差がくっき

    り出る。ツカない奴に運が向くことは皆無だ。

     

    釣りも同じ。

    常に大物を釣り上げる人がいる。

    反対に、どれだけ通っても大物を釣り上げられない人が

    いる。

     

    考えてみるに、この世のことは全て運だ。

    運は各自均等ではない。片寄ってる。

    僕は思う。

    だから人は神をこさえたんじゃないかと。

    神と云う絶対的なものが必要だったと。

     

    競輪ほどデータが通用しないギャンブルは他にない。

    出鱈目で買った方が当たったんじゃないかと思うこと

    が度々ある。

     

    予想屋が「一日的中ゼロ」なんてのはよくある話。

    ここが競馬とは違う。データーで車券を買ってたら確実

    に破産する。

     

     −「当たる気がする日」は当たるー

     

    ここだ。ここに魔法が有る。

    人知の及ばないことに、人知が及ぶことがある。

     

    競輪を始めてから、運とか勘を気にするようになった。

    「ついてない日」は勝負しない。

    勘が働かない日は即、競輪場から離れる。

    ギャンブルが駄目な日は、他の事をする。

     

    要は自己コントロール。若い頃は無理だけど。

    80歳を超えても車を運転しようなんてのは論外。

     

    「免許かえしたら買い物にも行けない」

    ならば、あなたは買い物の為に、100歳を超えても運転

    するつもりかと問いたい。我が儘云ってるだけだ。

     

    そもそも歩道がない。

    この国では今も「お車様がお通りになる」が幅利かす。

    どっから何処が歩道で、どこが車道か分からない。

     

    軽自動車は廃止の方向でお願いする。

    原発より僕は「軽」が怖い。

    「軽」だって金属の塊だし、ぶつかれば人は死ぬ。

    なんで「軽」なんて中途半端が存在するの?

    自転車かスクーターに、直ぐ乗り換えて欲しい。

     

    ー注意力散漫なアホな女にぶつかられてあの世行きー

     

    これ嫌だなー、おまけにケバかったりして。

    可愛けりゃいいけど、嘘やけど。

     

    すべて運だけどね。

    だから、やっぱ、神様に祈るしかない。

    家内安全と、五穀豊穣と、健康はね。

    まあ、音楽と博打も祈っておこう。

     

    くれぐれも70歳超えたら免許返納をお願いします。

    80歳では遅い。ほんで僕みたいに、タクシー利用か

    、自転車か、ウォーキングに切り替えて下さい。

     

    生きるのに必要なものは、今は全部ネットで買えます。

    まあ、愛人とラブホは無理ですけど、愛人持たなきゃ

    いい訳で。川崎堀之内もあるのでよろしくです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955886