RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< スケベはいいけど、それだけやろが! | main | 料亭で密談?税金で酒飲むな! >>
朝日を信じる人もいるんだね
0

    5月25日    晴れ    起床7時

     

    朝食    ほうれん草とウインナーのお汁

          玉子巻き

          りんご・ヨーグルト

     

    昨晩はタイにいるS君に誘われた。

    「えびすや」から始め、彼と良く通った「月光亭」では

    かなり大声を上げて盛り上がった。

     

    もちろん話題は政治。

    ママも参戦し、「朝日」対「産経」に分かれ、互いの陣営

    の悪口を云い合った。

     

    右と左はこういう時非常に便利。

    相容れない者同士だから、白熱しやすい。

    みな、自分を守っているんじゃなくて、自分の属する陣営

    を守るのがおかしい。義理も何もないのにね。

     

    僕は自民党員だけど、もちろん自民党の悪口を言う。

     

    「安倍さんが辞めれば、自民党は四分五烈やろが」

    「じゃあ誰が安倍さんの後に政権を獲るんですか?」

    「小沢一郎に決まってるやないか!」

    「小沢一郎?まだ生きてたんですか」

    「はいな、ヌエ男はなかなか死にませんて」

     

    S君と僕の結論は、早めに大統領制にすること、で決定。

     

    タイに住んだことのあるママは、タイが良い国だとかなん

    とか。現在住んでるS君に同意を求めた。

     

    S君の答え。

    「どうかなー、ママはタイのどんなとこが好きなん?」

    「タイは微笑みの国でしょう。忠平さん、今度みんなで

     タイに遊びに行きましょうよ、Sさんもおるんやし」

     

    佐々木の答え。

    「俺は行かん!知らん国に行きとうない」

    「微笑みの国ですよ」

    「全く興味ない。日本以外は嫌いや!」

     

    まるで幼稚園児。

    自分でも幼稚園児の脳味噌だなーと思いながら話していた。

     

    ー バーで酔った男はどうも幼稚になる −

    大泉洋さん、今度はその辺を織り込んでね。

     

    ー軍政のタイで、これだけ好き放題云えるのか知らないがー

     

    「天皇万歳は極右に決まってる!」

    「アホか!今はな、天皇万歳云うのは左翼だけや!」

     

    もう、極論、妄言、入り乱れたが、その横できっちり女の

    子を口説いてる年寄りもいる訳で。

     

    頭カチ割るぞ!スケベ親父が!

    なんて野暮は云いません。お好きなように。

    ここは自由の国ニッポンですから。

     

    いつもは静かな「月光亭」なのにね。

    S君が帰り際、ママはひと言云った。

    「今度はイブリバシでね」

     

    自分の店でなければもっと攻撃できたのに!

    そう云うことですかね。

    まあ、そうかも知れません。

    リターン・マッチ、いつでも御受けします。

    熱々のトンカツ肴に、熱い政治論争。いいですねー。

    それでは、次回はイブリバシのうどん屋で、勝負です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955890