RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 歌を歌うように踊るのよ。 | main | アホで元気が最高や! >>
思ったことを云えない日本
0

    6月1日   晴れ   起床7時

     

    朝食    ベーコンのソテー

          玉子巻き

          生野菜(キャベツ・きゅうり)

          

    午前3時ごろ。

    NHKラジオ・深夜便で、詩人の工藤直子さんの対談を偶

    然聴いた。相手は工藤さんが主宰する俳句の会の会員で

    職業はお医者さん。

    詩人とお医者さんの対談。とても面白かった。

     

    工藤さんは昭和10年台湾生まれ。

    生まれてすぐに母親が亡くなった。

    工藤さんは大好きな父親に育てられる。

     

    「母親を知らないからねー、私、母性って分からな

     いんだよ」

     

    男よりも男らしい。サッパリした人だ。

     

    「お腹の中にさ、おチビちゃんが出来ちゃってさ、不思議

     な感じでさ、でもどうやって育てていいか分からなかっ

     たの」

     

    「医学書とか、高名なお医者さんの書いた子育ての本とか、

     片っ端から読んだけど、良く分からないのよ。それで私

     はこのおチビちゃんと一対一で向き合おうと決めたの」

     

    「男の人よりさ、私は10月10日早くおチビちゃんに合っ

     てるのね。男の人は生まれてから実感湧くじゃない。

     今は、男の人もお腹のおチビちゃんに話しかけたりするら

     しい。とっても良いことよね」

     

    ラジオからこんな面白い話が流れて来たら眠れませんて。

    凄い人ですねー。そして、やっぱ彼女は詩人ですね。

     

    救われた気分です。

    日本にもこんなカッコイイおばちゃんがいる。

    勇気が湧いてきた。

     

    さてさて。

    立川志らくさんの発言。

     

    − 死ぬなら一人で死んでくれ −

     

    なぜこの発言が問題になるのか分からない。

     

    藤田某氏とやらが、

    ー 気持ちは分かるが、予備軍を刺激しない様に 

    反論と云うか、ムチャクチャと云うか。

     

    志らくさんの言葉を借りれば、「悪魔に気を使えとで

    も云うのか!」まあ、その通りです。

     

    世の中にはつらい目に会ってる人は五万といる。

    その人達のほとんどと云うか、99・999%はこん

    な卑怯なテロは行なわない。当たり前じゃないか!

    それを予備軍なんて云ったら話がズレる。

     

    なぜ、多様な意見を許さないのか?

    なぜ、意見をひとつにしようとするのか?

    なぜ、テレビのコメンティターはそれにビビルのか?

     

    正解なんて無いんじゃないの。

    人間は神じゃないんだから。

     

    おフランスの、同性婚の子供を傷つけないために、父親、

    母親の呼び方はやめて、親一号、親二号と呼ぶようにし

    た法律を思い出す。

     

    言論統制は独裁だ。

    独裁したくなるんだろーなー。

    「自分は絶対正しい」なんて、普通の人は思わないから。

     

    戦後、70数年間。自分たちは正しいと思って来た。

    でもね、そうでもなかったんだよ。勘違いだった。

    その残骸と云うか、吹きこぼれと云うか、いまだにスッパ

    リしない。

     

    米国は丁度100年前に、左翼ボルシェビキと無政府主義

    者連合に対し、白人至上主義者、保守愛国者連合が、各大

    都市で激突した。血みどろの街頭戦が繰り広げられた。

     

    日本は戦ってない。右と左は激突していない。

    激突すれば、相手に対する敵意と敬意が生まれる。

    全学連と機動隊の間に「愛」が生まれたと、つかさんは描

    いた。

     

    だからどうってことはない。

    それがこの国の「運」だったんだから。

    でも、息苦しいのは御免だ。

    ピリピリしてたら、誰も話せなくなる。

    「沈黙の列島」は嫌だなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955894