RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 思ったことを云えない日本 | main | アホで元気な小松のダラ達 >>
アホで元気が最高や!
0

    6月3日   晴れ   起床8時

     

    昼食    小松市役所の食堂で。

          冷やしチャンポン ¥500

          牛肉のしぐれ煮  ¥250

              合計   ¥750

     

    市役所の食堂で昼飯を喰っていたら、市長の和田君

    とばったり。

    「この頃はよくここで昼飯を喰うんや」

    「そうなんか、ありがとうございまーす」

     

    市役所から駅までウォーキング。

    少し暑いがどおってことはない。

    歩かなければ腹は引っ込まない。

     

    今年の夏用に。

    半袖のサファリ・シャツを購入。¥9000

    開襟のプリント・シャツも一枚。 ¥4900

    昨日は近くの「しまむら」で大型のT−シャツを二枚。

    「アメリカン・コットン」らしい。各1500円。

     

    なんせ腹が出まくってるので、何を着ても苦しい。

    「歩こう、歩くしかない、普通の体になりたい」

    自転車の前輪もパンクしたことだし。

    それで今日は歩きまくってる。

     

    川崎の小学生殺害事件がまだくすぶっている。

    どの国においても、子供を無差別に殺傷することが一番

    の悪だ。それに匹敵するのは原子爆弾投下か。

     

    その犯人を、ボロクソに云うのがはばかられる国が有ろう

    とは思いもしなかった。

    相も変わらずの加害者救済と云うか、悪いのは「彼」では

    なく「社会」だとの論調が幅を利かす。

     

    戦後ずっとこの有様。

    社会が子供を育て、社会が引きこもりを救うらしい。

    もうやめようや、こんな奇妙な考え。

    日本共産党も知らんうちに、日本は「言論統制社会主義」

    になってしまったのかも。

     

    いや、共産主義でも社会主義でも構わないのよ。

    独裁じゃなきゃ。でもね、どうしても独裁になるのよ。

    自由も平等も絵にかいた餅に。

     

    表現の自由、言論の自由は無くなる。

    それでも戦わず、それでも知らんふりして、軍門に下り、

    これからも、令和とかの時代も、左向いて生きるんかな?

     

    戦後日本の、行き過ぎた平和主義、行き過ぎた社会主義、

    行き過ぎた敗北主義に文句たれるのが、僕はロックだと

    思う。

     

    だからって僕は、共産主義や社会主義を否定しない。

    戦前の日本をことごとく否定する左翼に対し、文句云う

    のは、当たり前じゃないか。

     

    経済一本に頼った国の方針は、転換の時を迎えている。

    そもそもこの国には、目指す方向も方針もなかった。

    今も先の目標はない。

     

    元気な日本を取り戻さない限り、何をしてもうまくいか

    ない。日本を病人の国にしてはならない。

    ロックがその一助になるなら、僕も少しは救われる。

     

     ー アホで元気な日本人 −

     

    僕が思う日本人像はそれだ。

    アホで元気。

    最高じゃないですか、文句無しです!!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955895