RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< アホで元気が最高や! | main | こたつを仕舞う。母はとても喜んだ。 >>
アホで元気な小松のダラ達
0

    6月6日    晴れ    起床7時半

     

    朝食    玉子巻き

          きゅうりマヨ

          トマト

     

    昨晩はバンドの練習。

    ギター弾き2名、ベース弾き1名、パーカッション担当1名。

    スタッフは2名、ボーカル1名。

     

    ベース弾きは、新品のフェンダー・プレジジョンを弾い

    た。今どきプレジジョン弾いてる人はいるんだろうか?

    でも、グイグイ来る音圧はやっぱカッコいい。

     

     ー ロックの夏、プレジジョンはバフンと鳴く −

     

    バンド名は「石川南」とした。

    「いしかわ・なん」ではない。

    これ「いしかわみなみ」と読む。

     

    地元紙北国新聞からとった。

    「石川北」は能登。「石川南」は小松市、能美市、白山

    市、加賀市を指す。金沢は「金沢」として区分される。

     

    「石川南は毎日新聞に載るからな、ウヒヒヒ」

    僕がそう云うと、「ロック好きが新聞読みますかね」誰か

    がまぜっかえした。

     

    北陸新幹線敦賀延伸開業の日、「石川南」はきっと、小松

    市民の前で「アホで元気な小松のダラ達」を演奏するだろ

    う。いや、そうでなくてはならない。

     

    その日を夢見て「石川南」と命名したのだから。

    なんてね、嘘だけど。ウヒヒヒヒ。

     

    ロックバンドに目標や夢なんかあるわけがない。

     

    「ただやりたいから」「面白そうだし」「楽しいかも」

    「ひまだから」「酒が飲めるから」「狂いたいから」

     

    まあ、そんなんで良いんじゃないの。

     

    これまでの日本には、東京を経由し「地方を描く」歌は

    あった。北島三郎「函館の人」、石川さゆり「津軽海峡」

    「天城越え」、どれも名曲だ。

     

    でもこれからは、東京目線ではない地方の歌が生まれるん

    じゃないか。

    さだまさしの「案山子」は、長崎から東京を見つめる歌だ。

    東京に出た子供を想う親の思いは万国共通。

     

    さださんは田舎を捨てていない。

    捨てていないからこそ、彼の歌は日本の歌となる。

     

    全国のロックオヤジ、ロックオバさんよ!

    たまには日本の音楽状況、ロック事情も考えてね。

     

    ーロン・ウッドとやっとった時のウイリー・ウイークスは

     最高に面白かったけど、クラプトンとやってる今は、借

     りてきた猫や、クソみたいなもんや −

     

    ーそうや!アンディ・ニューマークとのコンビは革命的や

     った。やっぱ、年取ると金に走るんかな −

     

    こんな話題で酒を飲むのは楽しい。

    果てしなく続く音楽談議に勝るのは、政治談議しかないが。

     

    やっぱ、「ナウ・ルック」バイ・ロン・ウッドの話が出来る

    友人の一人や二人は欲しい。でも、こればっかりだと安物の

    趣味の世界に堕ちる。ピリット来なくなる。

     

    ソロソロ、日本全国のロック・ファンは重い腰を上げよう。

    「ロック知らん奴は時代遅れの馬鹿だ」的態度を改めよう。

    このままでは、日本国中のロック・ファン、ロック・マニア

    は、唯のクソ野郎と、テクノ馬鹿達から後ろ指を指される。

     

    ー 「過剰な理想主義」の皮を一枚一枚剥いで行きたい ー

     

    80歳を超えてもなお、自家用車を運転し続けたいと云う我

    が儘。度を越した贅沢がこびりついた年寄り達。我が子を4

    0数カ所刺しても守りたかった世間体と自分自身。

     

    子供が狂ったのは、これすべて、何もかも、大人のせいに

    決まっている。

     

    間違えた子育て、間違えた幼児教育、間違えた国の形。

    戦後の日本は間違え続けた。

     

    大人たちの不安は、経済のせいだけではない。

    そもそも、敗戦国として歩んだその道筋が間違っていた。

    大人たちは今、底なしの不安に苛まれる。

     

    そんなんじゃどうにもならない。

    ここは一番、開き直ろう!

    精一杯子供を抱きしめよう!

    妻に感謝状を出そう!

    愛人にまとまった金をやろう!

     

    アホで行こうぜ。

    元気に頑張ろう!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955896