RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< アホで元気な小松のダラ達 | main | 小松風吹く初夏の夕暮れ >>
こたつを仕舞う。母はとても喜んだ。
0

    6月8日   小雨   起床7時半

     

    朝食     玉子巻き

           ベーコン・黒コショウ炒め

           きゅうりマヨ

           キャベツ

     

    ー 昨日はコタツを上げた −

     

    母親は重いものが持てない。

    僕一人で茶の間の模様替えをやった。

    炬燵布団や冬用カーペットをかたずけるのが

    大変だった。

     

    去年買った水色の夏用カーペットを敷いて終了。

    ヘトヘトになりしばらく横になる。

     

    それで、よく働いたご褒美に「えびすや」で、優雅に

    夕食を取ることにした。

    午後5時。

    タクシーで出掛ける。

     

    僕のメニュー。

        

        刺身盛り合わせ

        鯖の塩焼き

        わかめの酢の物

     

    これを肴に、芋焼酎お湯割り三杯。

    なんとヘルシーなことか。

     

    貝原益軒の養生訓が話題となる。

    僕は養生訓を読んでいたので「接して漏らさず」を解

    説。

     

    「いちゃつくのは良いけど最後までやるな、ね」

    看板娘千春ちゃんの顔が赤らむ。

    「忠平さん、まだそんな話する時間やないぞ!」

    Dさんに云われたが、Dさんの顔は笑っていた。

     

    「えびすや」の余勢をかって「月光亭」へ。

     

    お湯割り三杯が体の隅々へ回りヘロヘロ。

    ひとりでクッチャべった。

    とにかく、ハイだったような気がする。

     

    本日は軽い二日酔い。

    多分、何を書こうが集中しないだろう。

    僕は書きつつ発見してゆくタイプなので

    テンションが低いとどうにもならない。

     

    そう云う訳で。

    また明日。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955897