RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< こたつを仕舞う。母はとても喜んだ。 | main | 俺ってハーフ? >>
小松風吹く初夏の夕暮れ
0

    6月9日   曇り   起床7時

     

    朝食    玉子巻き

          きゅうり

          玉ねぎ・肉炒め

          牛乳

     

    母はときどき「テレビ小松」を観ている。

    「テレビ小松」はケーブル・テレビで、市のイベントや

    新しく出来た店の紹介などを細やかに放送している。

     

    赤坂・六本木の美味しい店をテレビで紹介されても、ただ

    ボーッと観てるだけだが、地元小松の店となると話は違う。

    「こりゃ、いっぺん、行って見んなんな!」

    知らぬ間に起き上がる。

     

    そして。

    画面に映る地図を真剣に見る。

    電話番号をメモする。

    休みの日をチェックする。

     

    こう云うことは本来FMの役割だけど、誰もラジオを聴か

    ない時代になり、ローカル・テレビが取って代わった。

     

    ー 時代は巡ることなく、新しい時代に向かう −

     

    新しい時代とはテレビ・キー局が力を失う時代のことだ。

    そもそも、東京一極集中を推し進めたのはテレビ局だ。

    少し前までの自民党は、東京集中を嫌っていたと思う。

     

    自民党は昔から「故郷創生」の旗の下に、この国を創って

    来た。昔の自民党は東京を「人間の住むところではない」

    と思っていたのかも知れない。

     

    1970年代の初めの東京はボロボロで、道は凸凹、ど

    こもここもすすけていた。

    けれど地方は違った。

    小松駅前に2棟の近代ビルが建ち、ミスター・ドーナツは

    駅前と8号線沿いに競って開業した。

     

    日本のフォーク・ミュージシャン達はテレビを拒否した。

    今も山下達郎君はテレビ出演しないが、当時テレビは、

    権力の犬と思われていた。

     

    テレビは資本主義の犬?

     

    でも、80年代に入り時代は変わった。

    東京は情報と知能と権力の中枢に生まれ変わった。

    それが今の今まで続いている。

     

    でも、ついに、この流れを真っ向否定する男が現れた。

    アメリカ大統領ドナルド・トランプだ。

     

    彼は米国のメジャー・テレビ局を「フエイク!」と断じた。

    そりゃそうだ。メジャー・テレビ局はどれもクリントンが

    楽勝すると報じた。

     

    トランプは悪で低能と見なされた。

     

    今や、中国による全世界征服を止められるのは、

    ドナルド・トランプ唯ひとりだ。

     

    米国テレビ局は完全に間違えた。

    自分達こそが本当の馬鹿だと世界中に知らしめた。

    その波が、少しづつ少しづつ、日本に打ち寄せる。

     

    山里亮太と女優の結婚は、目出度い話ではあるが、どう

    でも良い話でもある。お笑いに席巻されたテレビを観て

    いれば、そりゃ女優だってアイドルだって結婚したがる。

     

    テレビはバーチャルなのを皆忘れている。

    テレビはバーチャルであり、そもそもフェイクだ。

    でもそのこと。バーチャルだと云うことを、出演者は認

    識しているのだろうか。

     

    お笑い芸人たちはテレビで喰っている。

    彼らの云う「売れる」とは、テレビで「売れる」ことだ。

     

    それで何の文句もない。何の文句も無いが、もういい。

    腹は一杯だ。もう飽きた。

    クッキーは面白くない。

     

     ー 我が酒場放浪記 初夏の風 −

     

    「えびすや」女将の作る「芋焼酎お湯割り」で、禿げ頭の

    先まで酔った。午後8時。大将と女将の「ありがとうね」

    の声を背に店を出た。すると、初夏の冷えた風と、出合い

    がしらにぶつかった。

     

    「お前は小松風やろ!」

    「小松の風」じゃなく「小松風」。

     

    「月光亭」へ歩く。

     

    飴屋町の灯りは、あの世への道しるべ。

    じいさんも、親父も、酔っぱらってこの道を歩いたろう。

    そして僕も、僕も歩く。

    ワクワクしながら。

    生きてて良かった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955898