RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 小松風吹く初夏の夕暮れ | main | 梅雨空やトンカツ山盛り白い皿 >>
俺ってハーフ?
0

    6月13日   晴れ   起床5時

     

    朝食   食パン一枚

         牛乳

     

    今日から新しいダイエットに入る。

    それは市役所のY君に習った。

     

    Y君は10キロ減量した。

    肌はつやつやしてるし、かなり若返った。

     

    「もう若くないんで、そんなに喰わんでいいんです。胃

     腸は弱ってるしね、もう昔みたいに消化しません」

     

    「朝食はコーヒーと食パン一枚。昼飯は市役所の食堂で

     おかずだけ食べます。夕食は一杯やりたいんで、自由

     にしてます」

     

    糖質ダイエットは医者に止められた。

     

    「糖分しか脳の栄養は無いんですよ。糖質制限は危険

     です。大脳がイカレます」

     

    今回のダイエットを「Y式」と命名した。

    「ネジ式」ならぬ「Y式」ね。

    期待してまっせ!

    太って着れないT−シャツ、ゴマンとあるんやから。

     

    ー 歳を取ると、自分がはっきりしてくる ー

     

    僕には普通にあるはずの欲望がない。

    例えば、東京に出たいと言う欲望。

    全く無かった。都会に魅力を感じたことは一度もない。

     

    海外を旅したいという欲望。

    これもない。シスコに行ったのはすることが無かったから

    であり、出来れば飛行機に乗ったりはしたくなかった。

    他は仕事がらみ。

     

    車、パソコン、スマホ、全て興味がない。

    車は最初から匂いが嫌だった。子供の頃から、乗り物が大

    の苦手。酔いやすい体質だったし。

    パソコン、スマホは料金が高いのがネック。

    料金に見合う必要性がない。

     

    僕が興味を示したのは唯一ロック・ミュージック。

    これのみ。

    ロックで詞を書いてる内に政治も面白くなったが。

     

    やっぱ、エレキの音やね、衝撃は。

    「オランダでヒットチャート1位になったのはこの曲!」

    今でも忘れない。僕は中学生だった。

    「聴いてください。ザ・ローリング・ストーンズ、曲名は

     サティスファクション!」

     

    それで、あの、ファズが掛かったリフが始まった。

     − ガンガン・ガガガー・ガンガン −

    「ナ・ナ・ナ・ナンジャーこれは!」

     

    でもね、僕だけじゃないと思う。

    加山雄三じゃ足りなかった。舟木一夫や橋幸夫は洋楽の前

    ではかすんでいた。

     

    ー 僕が小学校の頃のテレビは、ほとんどが米国製の番組

      だった −

     

    ポパイ、ガン・スモーク、テキサス決死隊、ブロンコ、

    ライフル・マン、拳銃無宿、ララミー牧場、名犬ラッ

    シー、ハイウェイ・パトロール、名犬リンチンチン。

     

    小学生が毎日これを観てるんだから。

    ほとんどアメリカ人でしょう。

    こう書いてくると、はたと思いつくことがある。

    僕が憧れた都会は「サンセット77」のロスだったんじゃ

    ないか?

     

    いや、多分そうだ。だから東京に何も感じなかった。

    そうかそうか。車もそうだ。国産車だから興味がなかっ

    たんだ。だって、頭と心の中の半分はアメリカ人なんだ

    から。

     

    今も、毎日マイクル・コナリーのミステリ読んでるし。

    警視庁は信用してないけど、ロス市警は信用してるかも。

    なんてね。

     

    僕は日本文化で育ってないかも。

    今度、このあたりを高校の同級生に訊いてみよう。

    面白いなー。

    ひょっとして俺ら、アメリカ人だったりして。

    「マッカーサーは偉大なり!」って感謝しなきゃ。

    ウヒヒヒヒ。

     

    子供の頃に受けた影響は残るから。

    僕は英語がしゃべれないアメリカ人かいな。

    でも、日本人の親に育てられたんだから、ハーフ?

    ルックスがハーフなら良かったのになー。

    中身がハーフじゃーなー。

    なんだかなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955899