RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 俺ってハーフ? | main | 病院の空に浮かぶ雲 >>
梅雨空やトンカツ山盛り白い皿
0

    6月15日    曇り    起床8時

     

    朝食    玉子巻き

          トースト

          アイスコーヒー

     

    母に起こされるまで目が覚めなかった。

    でも、体と頭はスッキリ。

     

    朝食は食パン1枚。やや淋しいので、弁当に詰め切れ

    なかっ玉子巻きも喰った。

    二日酔いも無し。快調!

    自転車でマッツへGO!

     

    昨日は同級のD君夫妻が営む「動橋・白川食堂」で会食。

    総勢8名。元々は7名の会食に割り込ませてもらった。

     

    先日舌鼓を打ったばかりの「揚げたてロース・カツ」に

    再会。歯ごたえ、肉の旨味とも云うことない。

    昼間に市民病院で診察は済ませているので、思い切りパ

    クつく。

     

    トンカツ以外にも、砂肝と長ネギの炒め煮、卵巻き、餃

    子、サラダ等が、テーブルに並ぶ。

    「食べたいもの有ったら云うてね、すぐ作るさかい」

     

    D君が持ってきたのはなんとカツ丼の具。ご飯の上に載せ

    るやつね。

    「昔はこれを肴に酒を飲んだんやて」

    トンカツの次にカツ丼の具を喰った訳で。

    文句のあろうはずがない。

     

    終盤には「うどんも喰ってや」とのオタッシ。

    「冷やしうどん派」と「冷やし中華派」に分かれて注文。

    僕は今年最初の冷やし中華を喰った。

     

    何を喰っても旨い。D君にヨイショしてる訳やない。

    僕は食い物に関してはかなり厳しい。

    恐るべし!うどん屋!気付くのが少し遅かったなー。

    でも、これは推奨せずにはいられない。

     

    ー これからは、うどん屋で酒を飲むべし! −

     

    1  やはり料理に手が掛かっている

    2  麺は自家製が基本スタンス

    3  味付けが超懐かしい

    4  料理のスピードが速い

    5  地元の材料をふんだんに使う

    6  客を愛している

     

    日本から消えていく大切なものが、うどん屋には有る。

    どこそこの三ツ星や、老舗レストランで修業したなんて

    肩書をひけらかすカスな料理人は、うどん屋を見習え!

     

    常に沸かしてある大釜からの熱。

    それだけで60度は超すという。

    「油使うからクーラーは動かせんのや、暑いぞー!」

    D君はもうやめたいと云う。

    「毎年これが最後や思うてやってる」

     

    帰り際。

    「各自、アイスクリームも喰うて帰ってや」

    なんとハーゲンダッツのカップが山盛りで登場。

    人が良いと云うか、心がデカイと云うか。

     

    僕等は飲み放題・喰い放題を、格安料金で受けてもらっ

    た。恐るべしは、動橋住人の心の広さかも知れない。

     

    イブリバシ 万歳!  

    イブリバシの先人達 万歳!

    イシカワミナミ 万歳! 

    うどん屋 万歳!

    最後に。 

      ト・ン・カ・ツ  バンザーイ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955900