RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 梅雨空やトンカツ山盛り白い皿 | main | 男よりもオカマは男らしい。 >>
病院の空に浮かぶ雲
0

    6月19日   曇り   起床6時半

     

    昼飯    小松市役所食堂でオカズ二品

     

    市役所の食堂で昼飯を喰ってたら、Y式ダイエットの

    Y氏とバッタリ。忠告をたまわる。

     

    「急激に痩せたから云うて、調子に乗ると拒食症にな

     る恐れがあるから用心してや」

     

    僕はY式ですぐに3・5キロ痩せた。

    痩せたと云っても筋肉が落ちただけだと思うが。

    まあ僕の場合、腹が引っ込めば何でもいい訳で。

     

    先週の金曜日、市民病院で定期診断があった。

    その日は実にツイてなかった。

     

    僕は注射が大嫌い。

    おまけにデブのせいで、血管が見つけにくい。

    採血時、看護師は血管探すのにいつも苦労する。

     

    その日、採血した看護師は実に注射が上手かった。

    華麗にソフトに注射針を刺した。

    「はい佐々木さん、二本取らしてくださいね」

    彼女はサンプルを二本採血した。

     

    ここまでは良かった。順調だった。

     

    「佐々木さんは血液サラサラの薬飲んでるので、しっかり

    押さえときましょうね」

    彼女はずっと脱脂綿で血を抜いた穴を押さえてくれた。

     

    なのに、内科の受付まで歩いた途端、血が絆創膏を押し上

    げ噴き出した。

     

    内科の看護師は「ウワッー!」」と叫んだ。

    おいおい「ウワッー!」はナイやろ。看護師なんやから。

    どうも彼女は馴れてないみたいだった。

    「佐々木さーん!血が流れてるー!」

     

    別の看護師が飛んできて止血した。

    血は滴り落ちる寸前で止まった。

    問題は次だった。

     

    内科が混んでいたので、僕は看護師に昼飯を喰ってくる

    と告げ、食堂で親子丼を注文した。

     

    人の気配がして振り向くと、さっきの看護師が立ってい

    る。彼女は突然膝まづき、僕ににじり寄った。

     

    「佐々木さん、御免。今連絡あって、サンプルの一本が

     駄目になってん。血が凝固したみたいで。申し訳あり

     ませんが、もう一度採血をお願いします!なにとぞお

     願いします!」

     

    僕は食堂から、その日二度目の採血の為、採血場に向かっ

    た。

     

    内科の看護師は一日中僕に謝り続けた。

    彼女は何も悪くないのに。

    「佐々木さんの顔見ると申し訳なくて」

    良い人だと思う。看護師はこうでなくてはいけない。

    溢れるほどの愛と、溢れるほどの優しさと。

     

    患者にとってどれほど大事か。

    どれほど頼りになるか。

    愛のない男は身勝手にも愛を求める。

     

    ー それでいいのさ −

     

    神はそう云う。

     

    ー 愛って、気持いいだろ −

     

    はい、気持いいです。いつまでもクルマっていたい。

     

    ー それはちょっと甘いで −

     

    神様はそう言い残してマージャン卓に戻った。

    「はいそれ、北、ポイや」

    神様はペイをポイした。

     

    すかさず、もうひとりの神様が云った。

    「ペポイの港かいな」

    彼はダジャレを云いながら三万を切った。

     

    「はいそれ、ロン!」

    「うへー」

    「めんぴん三色ドラドラ!」

    帰って来たヨッパライはゆっくり牌を倒した。

    「悪いな神様、ハネ・メゾンですわ」

     

    死んだら、神様にはなれんでも、仏さんにはなれる。

    そしたら、みんなで、毎日、麻雀しような!

    それを信じるか、信じ内科やな。

    最後はダジャレかいな。ほんなら、また明日。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955901