RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 病院の空に浮かぶ雲 | main | うどん屋で激論を! >>
男よりもオカマは男らしい。
0

    6月20日   晴れ   起床5時

     

    朝食    きゅうりマヨ

          玉ねぎとウインナー炒め

          玄米パン

     

    2・3日前から食パンを玄米パンに変えた。

    御飯も玄米に変えたかったが、母親が乗り気ではない。

    強制するほど「玄米オタク」ではないので、流れのま

    まに。

     

    毎朝、「テイク・イット・イージー」「デスペラード」

    「ホテル・カリフォルニア」三曲を、ギター弾きなが

    ら歌ってる。そのせいか少しビート感が戻った。

     

    バンドの練習は週に一度。

    60歳周辺のオジン達には週一度がちょうどいい。

    週二度だとせわしない。

     

    今週は「川が海に注ぐあたり」を練習する。

    僕としては新しいアレンジでやりたい。

    リズムのニュアンスを少し変えるだけで曲は蘇る。

    アレンジの宿題はギターの山下君に出した。

     

     ー オール・シング・マスト・パス −

     

    高校生の時、友人宅で、発売されたばかりの「サージェン

    トペッパー・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」を聴い

    た。

     

    ステレオの前に友人と緊張して座った。

    聴き終わると友人は「これは凄い!」と叫んだ。

    僕も凄いと思った。

     

    でも、それまで近かったビートルズは、遠くに行った。

    何故だか知らないが。

     

    ー すべては過ぎ去ってゆく ー

     

    僕は少年時代を通り過ぎたのかも。

    後の「ホワイト・アルバム」も「アービー・ロード」も、

    同じことだった。ビートルズは僕の中で終わった。

     

     − 米国憲法は叫ぶ!国民よ銃を取れ! −

     

    いやはやびっくりした。

    町田某氏の番組で、何故アメリカ人は銃を離せないのか

    の理由が述べられた。

     

    ー もし、米国の権力が独裁になったら、国民は民兵と

      して立ち上がり、銃を手に反権力のゲリラとなり、

      国家に立ち向かわねばならない。

      その為に、国民は銃を保有する権利を持つ −

     

    ざっとまあ、そんなことが憲法に書いてあるらしい。

    もし国民が銃を失えば、独裁権力を倒すことが出来ない。

    いやはや、凄いねー。

     

    なにが日本はアメリカナイズされただよ!

    日本人とは発想が天と地ほど違うじゃないか!

    アホくさ!少しは米国を見習ったら。

    これが草の根の民主主義じゃないの。

    国民ひとりひとりが命をかけて国を守り戦う。

     

    「だからアメリカは暴力的で横暴なのだ!」

    朝日なんかはそう云うんだろうね。

    でもね、韓国になめ切られて、それでも大人しくしてる

    のは怖いからだよ、殴られるのが。

     

    武器がないんだもん武器が。

    いや武器はあるんだけどさ、「無い」とも云える訳で。

    変態だから、他の国から見たら、かなりな変態だから。

    説明のしようのない国だから。

     

    イギリスも少しづつ「有っても無くてもいい国」に成

    りつつあるけど。

    極東太平洋上に浮かぶ唯の島国。

    かつては科学技術の最先端をひた走った国・・・・・。

     

    そうは云っても、恵まれた国に変わりはない。

    金を出せば食い物は山ほど買える。きれいなネエチャン

    は買えるし、競輪・競馬に狂っても文句云われない。

     

    いにしえの日本人が望んだ地上の楽園じゃないの。

    間違いないわ!災害は多いし暴走老人ドライバーも多い

    けど、文句なく、今が最高!

     

    デイ・サービスに行くも良し。

    テレビで「相棒」観るも良し。

    青汁ガブガブ飲むも良し。

     

    仏・レストランで同窓会。

    伊・レストランじゃ親族会。

    中華・レストはゴルフの親睦会。

     

    これで文句云うたら罰が当たる。

    ユー・アンド・ミー は ラッキー・マン ね。

     

    でも、こんなん長くは続かんやろ。

    ウヒヒヒヒ。

    どうやろねー。

    予想屋じゃないから。

     

    どっちにしても、男は駄目やろな。

    腐り果てるか?死に絶えるか?

    オカマになるか?

    そうなりつつあるなー。

    まあ、先のことは誰にも分からんけど。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955902