RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 男よりもオカマは男らしい。 | main | 日本人はみな弁護士かいな >>
うどん屋で激論を!
0

    6月22日   曇り   起床8時

     

    朝食    カレー・スープ

          キャベツ・サラダ

          トースト

          アイスコーヒー

          牛乳

     

    昨晩は久しぶりに雨らしい雨が降った。

    ようやくと云う感じで、梅雨らしくなった。

     

    晩飯を喰い終わった頃「一杯どうですか」とのお誘い

    があり、タクシーで「月光亭」へ。

    それから「カンソ」と巡り、帰宅したのは午前零時半

    過ぎだった。

     

    6月はやたらに酒を飲んでいる気がする。

    でも、日記を見ると、せいぜい週に一度か二度だ。

    これでは酒飲みの部類には入らない。

    「えびすや」の常連は、ほぼ毎日店に顔を出す。

     

    イブリバシ(動橋)の「白川食堂」で酒を飲んで以来、

    「うどん屋」を見直している。

    僕等はどうやら、先人が生んだ大切な大衆文化を踏みにじ

    ってしまった。

     

    昔は「町のうどん屋」に人が集まり、それがいつか「町の

    喫茶店」へと移行し、今は、味もソッケもないチェーンの

    コーヒー・ショップが駅前にあるのみだ。

     

    堕落だ!僕らは日本の文化を堕落せしめた!

    大衆文化を軽んずる国の、これが落ちぶれて荒廃した風景だ。

    日本国中、同じ町並み。同じ駅前。同じ店ばかり。

     

    何が文化と伝統の国だ!

    アホくさ!

     

    「製麺機が壊れてしもうて、修理を頼んだら90万掛かるて

     いうし。そんでラーメンの麺は他から買うとるけど、うど

     んの麺はまだ作っとるんや」

     

    「白川食堂」N君の話。

    自分のとこで「うどんの玉」は今も作っている。

    偉いと思いませんか。それほどに、客に旨いものを出そ

    うとする思いに、頭、下がりませんか。

     

    「うどん屋」は偉大ですよ。

    町の「うどん屋」は、信用出来るでしょうが。

     

    何が新作料理ですか、アホでしょう。

    自分が作る料理を「新作」と表現するそのアホさ。

    それに乗るアホな客。

    ふざけちゃいけませんよ。

     

    「そうですよね、東京のソバ屋で日本酒飲むのは、シャレ

     てますよね」

     

    そうじゃないから。

    そんな田舎モンの感覚はオシャレでも何でもないから。

    バカ高いソバを喰って、おまけに酒飲んだら、それこそ

    洒落にならんでしょう。

     

    最後に。

     

    昨日は呑気に酒を飲んだ訳ではなく、最後は激論となった。

     

    友人曰く。

     

    ー日本はもう駄目です。科学技術は中国に遠く及びません。

     国内はまだデフレですし。アホ政治家しかいません。

     国民ひとりひとりに1千万配って、超インフレにしたらい

     いんじゃないですかね ー

     

    彼は長くタイに赴任し、今は本社の副社長とか。

     

    バリバリの保守派かと思っていたが、どうもそうではない。

    この頃、よく目にするのが日本悲観論。

    これは考えれば分かるが、非常なる敗北主義だ。

     

    ー 日本は1周も2週も世界から遅れている −

     

    ここまではいい。

     

    ー 日本はもう駄目でしょう −

     

    なぜ「駄目だ」の結論が出るのか、僕には良く分からない。

    どの国でもそうだ。国民が「もうこの国は駄目だ」と本気

    で思ったら、その国はなくなるんじゃないか。

     

    世界から遅れたからどうだと云うんだろう。

    僕は毎日、日本の悪口をブログに書いているが、本気で日本

    が駄目だなんて思っていない。その逆だ。

     

    「日本は駄目」は、大嫌いな戦後敗北主義とまったく同じ。

    諦める?或いは、諦観する?

    ふざけちゃいけない!

    諦観するくらいならブログなど書かない。

    歌も作らないし、歌わない。

     

    天皇制も万葉集も日本書紀も、どうだっていいが、この国を

    「あきらめる」は断固拒否する。

     

    親は否定できない。

    自分自身は否定できても、親を否定はできない。

    もし、親を否定するなら、人間をやめるべきだ。

     

    今の日本はロクな国じゃないかも知れない。

    でも、どこに、まともな国が有るというのか?

    アメリカ? ヨーロッパ? 北欧? ブータン?

     

    確かに日本を牛耳っているのは官僚であり役人だ。

    これは間違いない。日本人は決して政治家を信用しない。

    企業人も信用しない。要は、商売人は皆悪人だと腹の底

    で思っている。

     

    それが日本人のDNAだ。

    それを根こそぎ変えられはしない。

    日本は仏教と武士の国だった。

    今更、西洋型民主主義や米国型民主主義は無理だ。

     

    だからって「日本は駄目」にはならない。

    「やけを起こす」にはまだまだ早い。

    そう思うのが、日本の健全な保守ではないか。

     

    「愛」などと云う言葉は、口にした途端「ゼロ」になる。

    なぜなら、それは、心の中に有るものだから。

    もしそれが分からないなら、残念だが、そんな相手とは

    別れるしかない。

     

    日本人は言葉を信じない。

    言葉よりも「感ずるもの」を信じる。

    でも、それは、日本人だけのことではなく、全人類共通

    の能力だ。人間はよく出来ている。

     

    しばし待てばいい。

    焦ってはいけない。

    自分を疑い、自分を信ずるのが人間だ。

    諦観は全てを葬り去る。

      

      ネバー・ギブ・アップ!

    そして。

      キープ・オン・トラッキン!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955903