RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< うどん屋で激論を! | main | トランプは救世主か! >>
日本人はみな弁護士かいな
0

    6月23日   曇り   起床5時

     

    本日はイベントの時間が早いので、午前6時45分、

    自転車でマッツへ。

     

    昼飯   弁当

         ・玉子巻き

         ・中華・肉団子

         ・こんにゃくと椎茸の煮物

         ・小魚と胡桃煮

         ・白菜漬物

         ・ラッキョウ

         ・玄米の御飯

         ・梅干し

     

    弁当は母親が作る。

    午前5時に弁当は出来上がっていた。

    有難い。

     

    「いかん・いかん」と思いながら、昨晩は遅くまでミス

    テリを読んでしまった。

    そのせいで、目は真っ赤に充血。

     

    ついでだけど、僕の左目はいつの間にか二重になった。

    右目も朝起きると二重だ。

    でも、歳を喰ってからの二重は気持ちが悪い。

    鏡に写ってるのはどこかのうっとおしい男だ。

     

    整形に失敗した二重。

    どうみてもそんな感じだなー。

    なんかね、顔を失ったに近い。

     

    「ホテル・カリフォルニア」は丸暗記した。

    丸暗記してからの方が、イーグルスのライブ映像を観る

    回数が増えた。

     

    この歌を完コピするのは日本人にはつらい。

    歌のキーがバカ高いからだ。

    原曲のBで歌うのは、普通は無理だ。

     

    僕も最初は一音下げAで歌った。

    でも、しょっちゅう歌っているとキーがBでも歌える様に

    なった。

     

    毎日歌えばキーは自然に上がる。

    今はBでも楽勝だ。

    どこかで完コピの「ホテル・カリフォルニア」を披露しよ

    うと思う。

     

    ドン・ヘンリーは極力感情移入しない。

    淡々と歌う。でも、根がブラック好きなので、個所個所に

    カッコいい歌いまわしが出る。

     

    「チジれた声」と云うか、ハスキーだ。

    僕の声はチジれていない。響きが全く違う。

    だから、そっくりに歌ったつもりでも、彼には似ない。

     

    「今どき、何でイーグルスなん?」

    何人かに訊かれた。

    そんなこと僕には分からない。

     

    でも、すべては必然だと思う。

    決して、気まぐれや偶然ではない。

    「何故、競馬にハマったんですか?」

    「何故、競馬やめて競輪なんですか?」

    答えはどこにもない。

     

    英国がEUから離れるか離れないか。

    本当のところは多分、英国人にも分からない。

    離脱に向かうのは確実だろうが、迷っている。

     

    日本人はハナから、何事にも答えがあると思っている。

    日韓関係で日本が持ち出すのは必ず、条約か法律だ。

    韓国は「感情」を基本に意見を云う。

     

    ー条約や法律は守るためではなく、破るため、誤魔化

     すためにあると、他国は認識しているー

     

    国と国との条約や法律は、守ろうがどうしようが知った

    こっちゃないが、世界のすう勢。

    ソビエトが日ソ不可侵条約を破ったと、今でも云う人が

    いるが、条約を破ったソビエトを、世界の国々がいさめ

    るとでも思っていたのか?

     

    ー条約ごときは実は信用できないと、何故日本人は思

     えないんだろうー

     

    条約や法律を振りかざすのではなく、韓国を見習って、

    少しは感情を表に出せばいい。

    「日本人の思い」こそが民主主義の基本じゃないか。

     

    「憲法に違反するから」は、あくまでも裁判の話だ。

    われわれ国民は憲法など知らない。法律も知らない。

    当たり前だ。僕らは弁護士じゃない。

     

    条約を破って進行したソビエト軍を、他国は軽蔑もしない

    し、歓迎もしない。日本とソビエトの問題であり、他国は

    当然知らんぷりだ。

     

    「国連で裁いてもらおう」

    小沢一郎の逃げ口上だが。

    情けないと云うか、自国を信じていないと云うか。

     

    今も日本は答えはひとつと思い込んでいる。

    答えなど無数にある。或いは、ひとつもない。

     

    北方四島を奪還するなら、ロシアにペテンをかけるか、ダ

    マすしかない。援助で釣ろうが、ワイロでその気にさせよ

    うが、四島が帰ってくるならどんな手でもいい。

     

    ザギトワに秋田犬を送って、それで何もないなら、日本人

    は大馬鹿のお人好しと笑われるだけだ。

    「そんなアホな国ならシャブリ尽くしてやれ!」

    ロシアを含め、他国はそう思う。

     

    日本人は人が良いのではなく怒れないだけだ。

    陰では他人の足は何本でも引っ張るが。

    正攻法に「怒れ!」と云われても怒れない。

    自分の怒りに全く自信が無い。

     

    だから法律を持ち出し、コソコソその陰に隠れる。

    それじゃあ、いわゆる、根性無しの卑怯者ではないか。

    弱点を見せてしまうと、他国は放ってはおかないからね。

     

    喰うためなら何でもするから。

    カツアゲでも、泥棒でも、人さらいでも。

    法律も条約も紙切れやないか。

    そんなもん、価値ないぞ。

     

    根性見せたらんかい!

    それしか世界に通用せんから。

    日本人なめたら地獄に落ちると。

    思わせたれ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955904