RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 日本人はみな弁護士かいな | main | 我に希望あれ! >>
トランプは救世主か!
0

    6月27日   曇り   起床7時

     

    朝食    玉子巻き

          トースト

          アイスコーヒー

     

    どうも安倍首相とトランプ大統領はグルかも。

     

    「日米安保は不公平だ!」

    さすが不動産屋は鋭い。損か得かをすぐに嗅ぎ分ける。

    それよりも何よりも、日米安保が破棄されるなら、僕は

    大賛成だ。

     

    亀井静香元大臣の「参議院選挙後に大連立が起きる」も、

    これで納得。トランプが脅してくれれば、当然話は憲法

    9条改正に直結する。

     

    日米安保はどちらか一方が破棄すれば消滅する。

    アメリカがやめたと云えば無くなる。

    安保が無くなれば、日本は「自主独立」に向かえる。

    これは保守派全員の願いだ。

     

    軍事費は当然倍増する。

    でも、くだらない予算を減らせばどうってことはない。

    くだらない予算の筆頭は、例えば北陸新幹線建設などの

    土木建築予算だ。

     

    今も金沢から敦賀に延伸する工事が、そこら中で進んで

    いる。こんな工事は全く必要がない。

     

    関西と金沢を結ぶアクセスは、十二分に足りている。

    国道8号線。北陸自動車道。北陸本線。特急サンダー

    バードの運行。加えて小松からの飛行機がある。

     

    そこに新幹線を増やす。

    その主たる目的が観光だったらお笑いだ。

    たいして儲かりもしない観光の為に、巨額の工事費を使う

    のは、完全に間違っている。

     

    サンフランシスコと、ロスの間は、道路が一本あるだけ。

    飛行機はあるが、車を持たない僕みたいな貧乏人はグレ

    イハウンド・バスに乗って、おっちら行くしかない。

     

    日本は一般道と高速道、一般の鉄道と新幹線を、国中に有

    している。東京ー金沢間も同じ。加えて東京ー小松間は飛

    行機も使える。それでも足りず、今度は金沢ー大阪間に新

    幹線を走らせようとしている。

     

    これじゃあ金がいくらあっても足りない。

    新しい鉄橋、新しいトンネル。膨大に金が掛かれば掛か

    るほど関係者は喜び勇む。

     

    何か、おかしくないか?

    おかしいよなー。

     

    北陸新幹線金沢開業で、石川県の税収が伸びたなんて話は

    まったく聞こえてこない。多分、東京の観光業者が儲かっ

    ただけだ。こんなことに税金を使うくらいなら、軍事費に

    使った方が遥かに増しだ。

     

    さて。

    アメトーク・ファンとして、ひと言。

     

    宮迫は売れない芸人だけだと盛り上がらないと思い、あの

    パーティに参加したんじゃないか。後輩への男気だ。

    この事件でほおっ被りしてるのが吉本興業。

     

    売れない芸人も売れてる芸人も、誰もが金に困っていたよ

    うに見える。そもそも吉本の芸人は全てが契約社員とか。

    彼らはギャラが幾らかも知らず、分配率は当然知らされず

    、奴隷の如く働いている。

     

    宮迫もロンドンブーツも奴隷だ。

    「芸人」よりも「社員」を大事にする芸能事務所はいらな

    い。そもそも「事務所」などいらない。

     

    日本人は個人に多額の金が入るのを好まない。

    それで会社組織にする。

    社会主義ではなく、日本は「会社主義」だ。

     

    ビートルズやストーンズが、どこかの事務所に所属した

    ことはない。バンドにはマネージャーがいて、ビートル

    ズならブライアン・エクスプタインが、敏腕をふるって

    バンドを大きくした。

     

    巨大な音楽事務所など海外には存在しない。

    では何故日本だけがヘンテコリンになったかと云えば、そ

    の原因はテレビだ。

     

    東京一極集中を見越した渡辺プロダクションは、テレビ局

    との共存を考えた。それは実に巧妙だった。

     

    ナベ・プロの歌手が発売したレコードの印税を、テレビ局

    に配る。権利の譲渡で、プロダクション(事務所)とテレ

    ビ局は、一蓮托生の関係になった。

     

    レコーディングに掛かった経費を払う人が、レコードの売

    上のほとんどを手にする。

    ナベ・プロはその権利を「原盤権」とした。

    大事なテレビ局には、原盤権の多くを与え共存した。

     

    それは犯罪でも何でもない。知恵だ。

    でも、テレビを牛耳れば、芸能界全体を牛耳れるようにも

    なった。

     

    昔のCBSソニーやエピック・ソニーは、ナベプロのやり方を

    嫌った。ソニーは米国と同じ様にやりたがった。日本だけが

    特殊であっては、彼らは世界に踏み出せなかった。

     

    事務所は「個人事務所」が世界の常識。

    日本はやたら徒党を組み、巨大事務所にしないと気が済まな

    い。これではいつまでたっても「闇営業」や「独立問題」、

    ビート・たけしの「事務所私有化」など、トラブルが跡を絶

    たない。

     

    芸能界は古臭いままでいいのか?

    吉本興業は解体した方が良いが、そうはならないだろう。

    「テレビに出てる奴らは皆貧乏人だよ」

    その世界に詳しいひとの言葉。

     

    それが事実かどうかはどうでもいい。

    宮迫に早く帰ってきて欲しい。

    吉本なんて無くなろうがどうなろうが知ったことじゃない。

    アメトークを失くしてはいけない。

    あの番組で、どれくらい救われたことか。

    テレビ朝日さん、そこんとこ、よろしくです!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955905