RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< トランプは救世主か! | main | ボロは着てても心のラテン >>
我に希望あれ!
0

    6月29日   曇り   起床7時

     

    朝食   玉子巻き

         ブロッコリー

         きゅうりマヨ

         アイスコーヒー

     

    湿って重い空気の中を自転車でマッツへ。

    テレビは今日の米中会談の行方でもちきり。

    政治・外交評論家は大忙し。

     

    評論家たちは吉本のホンコンを見習ってね。

    ホンコンのコメントは、身を切ると云うか、体ごとと云

    うか、こちらにガンガン迫る。

     

    東大出ました、東大の大学院出ました、ぐらいではホンコ

    ンの敵ではない。熱量と云うか、思いの強さと云うか、そ

    こいらが並じゃない。

     

    人工頭脳の開発が遅れたからと云って、日本を科学技術の

    後進国の如く話すコメンテイターは一杯いる。

    そう云う云い方は良くない。

    なんか、悔しさと自虐の塊に見える。

     

    「日本は先端走る時期もあったし、そうでもない時期もあ

     った」

     

    これで良いんじゃないの。

    常に最先端走れば疲れる。

    競輪なら番手(先行の後ろ)が風を受けず、最高な位置な

    んだけど。

     

    60歳を超えたり、近くなったら、人生を振り返ろう。

    シビアにね。そうすれば、全ての人生が間違いだったと気付

    く。

     

    そう、全て間違いです。

     

    人間の選択はほとんどがハズレ。

    政治家や評論家の予想もほとんどがハズレ。

    僕が中学生の時に、読売の幹部記者が僕らを前に言った。

     

    「君たちが大人になった30年後、地球の石油は一滴も

     ありません。すべての油田は枯れ果てます」

     

    今となってはタワゴトと云うか、ガセネタですね。

    でも、こんな発言は実に多い。

     

    同じく中学生の時。

    小松駅の壁に横断幕がひるがえった。

     

     − 小松に新幹線を! −

     

    あれから50年経ったけど、新幹線はまだ小松に来ません。

    まあ、これは嘘やデマではないけど、僕は小松が相当な僻地

    なんだと認識するに至った。

     

    それほど人間の予想は当たらない。

    故に、人生が狂ったと思う人はゴマンといるはず。

     

    米国の白人も同じ。

    「俺の人生はすべて間違いだった」

    そんな歌がやたらに多い。

     

    黒人はそんな悔恨の歌は歌わない。

    夢や希望や神を歌う。

     

    カントリーはおしなべて後悔の歌が多い。

    僕は40歳を境に黒人音楽から離れ、白人音楽に移った。

    その原因は歌詞であり、黒人の「ハレルヤ」「オー・ロー

    ド」に付いてゆくのがシンドクなった。

     

    「人生は思ったほど楽しくない」

    それが僕の本音だ。

    でも、もし「人生は思ったより楽しい」と思える人がいれ

    ば、「それはラッキーだったね、神に感謝だね」と云うだ

    ろう。

     

    人生が楽しかったら、歌は必要ない。

    歌だけではない、本を読む必要もない。

    でも、そんな人に会ったことはない。

     

    日本人は戒律に縛られない。

    神道も仏教もとても自由だ。

    でも、それが半面日本人を不幸にしている。

     

    解放と自由は違う。

    ただの自由は人間をつまらなくさせる。

    生きていても面白くないと感じさせる。

     

    そこに目がけて歌を作ろうと思う。

    そこならば、ひょっとしたら、共感を得られるかも知れ

    ない。

     

    人生を振り返るのは簡単ではない。

    モノの見方は皆違う。

    でも、60を過ぎた者のテーマはひとつ。

    これからを、これまでどうりに生きるか、或いは、違う人

    生を選択するか、ふたつにひとつだ。

     

    60歳を境に、再び学校生活が始まろうとしている。

    一度はバラバラになった者達が、再びひとつに集まる。

    面白い!なかなかに面白い。

     

    色んなチャンスが生まれる。

    チャンスを逃がしてはアホだ。

    散々逃して来たのだから。

    なんてね、うひひ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955906