RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 我に希望あれ! | main | 父の書斎を受け継ぐ >>
ボロは着てても心のラテン
0

    6月30日   雨   起床5時半

     

    朝食    玉子巻き

          トースト

          アイスコーヒー

     

    夢を見た。

    妻と一緒に東欧の何処かを旅している。

    突然、土砂降りとなり、僕等は雨宿りできる場所を探

    した。

     

    おとぎ話に出てくる様な、お城型のホテルがそこら中

    に建ち並んでいた。

     

    その全てがハリボテ。ベリー・チープだった。

    仕方なく一軒を選び部屋を予約した。

    「まあ、日本円にして一泊3000円てとこね」

    無表情で妻が云った。

     

    こりゃまた安い。さすが東欧なんて思って財布を取り出

    すと金が入ってない。オモチャの紙幣が数枚あるのみ。

     

    「あれっ、金持ってくるの忘れたんか!」

    僕は恐る恐る妻を見た。妻はあきれ果てた目でそっぽを

    向いている。その途端、目が覚めた。

     

    気分の悪い夢やなー。

    緊張で体がコチコチや。

    まあ、日頃のおこないが悪いとこんな夢を見る。

     

    「ノリ」について。

     

    バンドごとにノリは違う。

    と云うことは、ノリこそがバンドの最大の特徴とも云え

    る。僕はどうも、このノリに、少し敏感かも。

     

    こないだもバンドの練習で思った。

    僕は、デッドの何を真似したいかと云えば、ノリだ。

    そしてここが重要なんだけど。

    ノリを見つけるのは、以外に難しい。

     

    ロック・ミュージックは、ブラックとホワイトの融合だと

    云われる。

     

      「カントリー」と「ブルース」

      「フォーク」と「リズム&ブルース」

      「欧州トラッド」と「ゴスペル」

     

    でも、それだけでは成立しない。

    ロックをロックたらしめている基調の音楽。

    それは「ラテン・ミュージック」だ。

     

    ロックンロールはラテンだ。

    「ツイスト・アンド・シャウト」「ラ・バンバ」等。

    ロックンロールのベース・ラインも完全にラテン。

     

    それを忘れるとエライことになる。

    グレートフル・デッドのノリは、ほぼラテン。

    西海岸のロックは、メキシコの影響を受けて育つ。

    メキシコらしさとは他でもない「ラテン」だ。

     

    ロックはホワイトとブラックだけではない。

    肝心かなめの爆発力はラテンから来ている。

    「勝手にシンドバッド」がバカノリするのは、リズムが

    ラテンだから。歌詞の面白さだけではない。

     

    「ラテン・ミュージックみたいな人生を生きたいなー」

    僕は常々そう思って来た。

    冬寒い北陸の街に生まれたとしても、心はラテンで行きた

    い。そうすれば、「国境の南」で生きられる。

     

    沖縄はミクロネシア文化の流れに有ると云われる。

    不思議だけど、日本人である僕の中にもラテンがある。

    アジア人は中南米のラテン民族に近いのかも。

    面白いねー。

     

    「ノリ」を追及しよう。

    ノリは目で見えない。体で感じるものだ。

    眠ってる「ラテン」を叩き起こして、サルサを踊ろう。

    可愛い女の子とサンバやルンバを踊ろう。うひひひ。

     

    「新しい日本人」が見えて来ませんか。

    色んなモンが眠ってるんですよ、我々の中に。

     

    それを叩き起こすのが「ロック」なんてね、そんな

    大それたこと云いません。ええ、云えませんから。

    ウヒヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955907