RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ボロは着てても心のラテン | main | 書斎は男の隠れ家か? >>
父の書斎を受け継ぐ
0

    7月4日   晴れ   起床6時

     

    朝食    ギョーザ

          きゅうりマヨ

          アイスコーヒー

     

    九州は連日大雨。

    小松は昨晩も、お湿り程度の雨。

    「夜に降ってくれるから、昼間、水やりに外に

     出んですむわ」

    今年、母は大いに助かっている。

     

    例年の梅雨は、梯川の洪水を覚悟する日がある。

    こんな楽な年は珍しい。

     

    参院選挙始まる。

     

    国民民主党は「家計第一」と歌い上げた。

    小沢の「生活第一」とどこが違うのか。

    おいおい玉木君、未来の総理大臣がこれかよ。

    柳の下に二匹目のドジョウはいないと思うよ。

     

    枝野もなー、なんかなー、「俺は答えを知っている」み

    たいな顔してるけど。男は枝野タイプ嫌いだなー。

    勉強出来るだけの、何処にでもいる奴だもの。

     

    自民党にひと言。

     

    韓国に対し経済制裁するなら、軍事も備えとかないと、何

    するか分からないからね。日本と一戦交えたくてしょうが

    ないんだから韓国は。

     

    - 逆水門までウォーキング −

     

    昨日は午後4時からウォーキング。

    湿気が多くて景色は霞んでいたけど。

    思ったほどシンドクなくて、逆水門まで歩いた。

     

    帰りは遠回りして「アルビス」へ。

    ペットボトルの水が無くなったので。

    ついでにパックのアイスコーヒーも買った。

     

    ここんとこ、僕は肉よりも魚を食べるようにしている。

    肉が喰いたいと思わなくなった。今がチャンス!

     

    真空パックの「干したサバ」が旨い。

    「輪島朝市・いしる漬け干し鯖」を購入。

    夕食はお隣からもらったイカを、山盛りの野菜と炒めた。

    少しづつ体質を変えようと思う。

     

    ー 憲法9条改正の前に、自己改革を −

     

    今年の元旦から、克明な日記を付けている。

    朝飯は何、昼飯は何、夕食は何を喰ったかまで書き込む。

    それによれば、僕はその日暮らしの傾向にある。

     

    好きなことを、好きな日に、好きなようにやっている。

    問題は、それが気まぐれであり、計画性が全く無い事。

     

    でも、先月から週一度のバンド練習が始まった。

    その日を起点にして、1週間の予定を組む。

    日々を充実させたいとの思いも有り、「暮らし改革」が

    重要になって来た。

     

    ー いつ死んでも悔やまない様に −

     

    楽しく充実した一週間を過ごしたい。

    出来れば、予想を超えるスリリングさと、エロさが欲しい。

    まあ、冗談だけど。

     

    毎日がゴールデン・ウイークなら、文句ない。

    「素晴らしい一週間」をいくつ過ごせるか。

    目指すならそれでしょう。

     

    ー 暮らしの中の穴 −

     

    半年の行動パターンから、僕には大きな穴があることが分

    かった。一日のうち、午前と午後に各々一回無駄がある。

    それは。

     

     ・ 午前7時〜9時の間  

     ・ 午後7時〜10時の間

     

    朝食後と夕食後の二回だ。

     

    その時間帯は、大抵、テレビを観てる。

    一日の始まりと終わりに、テレビを観るのは無駄だと思う。

    それでは「僕の一日」ではなく「テレビの一日」になる。

     

    ー この時間帯を大改革しよう ー

     

    テレビを観るなら、午後10時からでいい。

    そうおもいませんか?

    ゴールデン・タイムは、テレビではなく僕の時間のこと

    ですよ。

     

    ー そうだ!親父の書斎を使おう! −

     

    親父の書斎は茶の間の近く。

    わざわざ二階に上がらなくていい。

     

    でも、なんと云うか、書斎には親父の足跡しかない訳で。

    息子としては入りにくい。

     

    僕は自己大改革のために、親父の書斎を自分のものとする

    決心をした。親父の部屋を使うのを、母はとても喜んだ。

     

    親父が死んで13年。ようやく僕が親父の立場に立ったの

    か。けっこう重い改革となった。

     

    親父の真似は出来ない。

    親父は今も僕には偉大な男だ。

    欠陥も長所も分かっているが、絶対に勝てない。

     

    でもいつか、肩を並べないと申し訳がない。

    サボってばかりじゃその日は永遠に来ない。

    しばらくは書斎を使わせてもらう。

    親父の日記を読もう。

    それは今ではない。

    もう少し先だと思う。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955908