RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 父の書斎を受け継ぐ | main | 日米安保は有事を想定しているのか >>
書斎は男の隠れ家か?
0

    7月6日   晴れ   起床6時

     

    朝食    ジャム・トースト

          アイスコーヒー

     

    1週間は驚くほど速く(早く)過ぎる。

    バンドのメンバーは口々に言う。

    ほんと、その通りだ。

     

    アホみたいに時間は速い。

    考え事をしている暇はない。

    直ぐに決定して実行せねば、全てが空論で終わる。

     

    いよいよ参院選。

     

    それにしても、何故、政治家は歳を取らないのか?

    誰も彼もが昔のままの顔をしている。

    与党も野党も共産党も同じ。決して老けない。

     

    「一本10万円以下のウイスキーを飲まない」

    「毎晩毎晩、高級な料理を喰っている」

    「適当に軽るーいストレスを受けている」

    「もともと、ええとこの嬢ちゃん、お坊ちゃんやから」

    「歳費が高いので生活が安定している」

    「金を稼がなくていいから楽してる」

    「ただ、好きなことを云ってるから」

     

    僕の友人達から出た言葉。

    「一本10万円以下の・・・・」

    そんなに値段の高いウイスキーってこの世にあるの?

    そう云った友人は、けっこう確かな証拠があると言う。

     

    「女優なんかも、政治家のエサじゃないの?」

    これはかなりだと思うが、そう云われると、そうかもなと

    思う。いやはや、政治家になるんだったなー。うひひひ。

     

    僕は9条改正ならぬ「暮らし大改革」を進めている。

     

    内緒だけど、先月から日々の金の使い道をメモし始めた。

    会社で使う「入金・出金台帳」の超豪華版を間違えて購入

    し、本棚の隅に眠っていたのを引っ張り出した。

     

    結果、多くの金を使っているのが判明。

    使途としてはスーパーが一番。

    ふらっと自転車で行くのが日課になってる。

    行けばナニガシカを買う訳で。

     

    僕は、山ほどの食料品を買っている。

    それが当たり前になってしまった。

    これがかなり無駄になる。

    なぜかと云うと、母親も買っているからだ。

     

    6月の出金状況が明らかになった。

    でも、怖ろしくて計算出来ない。

     

    ロック・ミュージシャンが家計簿みたいなものをつけて良

    いんだろうか?なんて思うが。

    でも、そんなことを云ってたら「大改革」は実行出来ない。

     

    もうひとつの改革。

     

    親父の書斎を使い始めたが、そこは台所に近く、飲み食い

    が楽に出来る。

     

    試しに、夕刻、本を読みながらワインを飲んだ。

    僕はこれまで一滴も自宅で酒を飲んだことはない。

    禁を破った。

     

    肴は「鳥肉の天ぷら」と「ふくらぎの刺身」。

    母親は全く気付かない。

    なんか、凄い贅沢してる気分。

     

    ワインをガブガブ飲んで気がデカくなり、誰か呼んで一

    緒に酒を飲もうと思った。

    でも、ワインも肴も残り少ないのでやめた。

     

    これは意外に楽しい。

    ハマる可能性がある。

     

    赤ワインとピザなら云うことない。

    赤ワインと、フランスパンと、チーズでも良い。

    こんな組み合わせだと本が読める。

    テレビより遥かに楽しい。

     

    ミステリを読みながら酒を飲む私立探偵の男かいな。

    依頼の無いオールド・ディテクティブね。

     

    競輪は久しくご無沙汰だ。

    浅井康太が気にかかってしょうがないが。

    明日は福井競輪場に行って、浅井を買うか?

     

    でも、ワインの魅力にも逆らえない。

    厚切りの国内産・豚ロースを焼いて肴にして・・・。

    いいよねー、よだれ出るなー。

    弱ったなー。

    うひひひ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955909