RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 日米安保は有事を想定しているのか | main | 税金が泣いているぜ。 >>
我、米国文学の河に入る
0

    7月11日   小雨   起床6時

     

    朝食    玉子巻き

          ジャム・トースト

          アイス・コーヒー

     

    「ワインで晩酌」は、まだ続けている。

    ただ、肴が刺身なのに赤ワインは如何かとの意見も

    ある。そんなことは特に重要ではない。

     

    正確には「葡萄酒で晩酌」であり、「赤ワインで晩酌」

    ではない。

     

    浅川マキさんに「ねえ、水夫さん、海から上がったばかり

    の」、そんな歌いだしの曲がある。

     

    女は水夫に酒を薦める。

    ー 今夜はコニァック? それとも 葡萄酒? −

     

    僕は葡萄酒を飲む度、この歌を思い出し口ずさむ。

    マキさんの、あの唇から、「それとも、ぶどうしゅ〜」

    なんて云われた日には、男は身も心もトロける。

     

    夕刻、葡萄酒をガブガブ飲みながら、親父の書斎でヘミン

    グウエイの短篇集を読む。

    少し酔ってきたら、ソファーに寝転び、仰向けになって本

    を読み進める。

     

    すると、スペインの闘牛場の砂ぼこりや、北ミシガンの川

    で起こる、夕暮れの鱒たちのいっせいのライズが、目前に

    迫り、知らぬ間に入り込む。

     

    酔ってる。

    そう、酔って本を読むと、百倍楽しめる。

    若い時の読書は、こうはいかなかった。

    本は、歳を喰ってから読んだ方が良い。

     

    昨晩は「えびすや」「ほろ酔い」「月光亭」と廻った。

    「ほろ酔い」はおでん屋。僕はおでん屋からおでん屋

    へハシゴした訳で。

     

    「えびすや」の帰り際、千春ちゃんが「これから月光亭?」

    なんて訊くもんやから、思わず「行かんよ」なんて、答えて

    しもうた訳で。

     

    なんか、アリバイ作りに「ほろ酔い」を利用したようなあ

    んばいになってしまった。

    でもなー、云えんのよなー。

    「うん、これから月光亭や」

    云えんなー。千春ちゃんは何とも思っとらんやろけど。

     

    本の話を少し。

     

    村上春樹と柴田元幸さんの対談集を読むと、村上さんはカ

    ポーティが一番好きとか。

     

    僕はカポーティの短篇、「冷血」「ティフアニーで朝食を」

    を読んだ。柴田さんが云うように、南部時代の短篇は特に

    好きだ。泣ける作品がいくつもある。

     

    いや、「ティファニー」だって、主人公は南部出身の謎の

    女。カポーティは決してニューヨーク派に収まらない。

     

    「ティファニー」が映画化され、主人公はオードリー・ヘ

    ップバーンが演じた。カポーティは彼女の起用に大反対だ

    った。

     

    原作を読んだ人は皆そう思っただろう。

    僕なら断然マリリン・モンローを選ぶ。

    オードリーでは、子供を田舎に残し、大都会に出て来た

    女のたくましさと云うか、ぶっ飛び加減は無理だ。

     

    でもまあ、オードリーは原作にはないエレガントさを持ち

    込んだ訳で。この辺が、芸能の世界の奥深さだろうね。

     

    もう少しアメリカを知りたくて、米国文学を読もうと決め

    た。僕は金沢大和の紳士服売り場には見向きもせず、紀伊

    国屋書店に行き、店員ふたりに協力してもらい本を探した。

     

    レイモンド・カーバー、フォークナー、ヘミングウエイの

    短篇集と、ジョン・チーバーの単行本を購入。

    おまけとして、ジョイスの「ダブリナーズ」も。

     

    ミステリ作家、マイクル・コナリーを愛する身としては、

    純文学系はあまり読みたくないが、歳も歳なのでトライ

    することにした。

     

    ー 暮らし大改革の行方 −

     

    午前7時〜9時の空間は完全に埋まった。

    だいたい午前6時半には親父の書斎にいる。

     

    午後7時〜10時も埋まった。

    僕は午後5時前には書斎で葡萄酒を飲み始める。

    途中、母と夕食を取り、再び書斎に戻る。

     

    なんだか「書斎派ひきこもり」だ。

    当分、アキルまではこれで行こう。

    まず、葡萄酒にアキそうだなー。

    そんな訳で、またね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955911