RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 我、米国文学の河に入る | main | 呑気なのか馬鹿なのか。 >>
税金が泣いているぜ。
0

    7月13日   曇り   起床5時

     

    朝食   赤みそ白みそ混合味噌汁

         ナス・キャベツ・ピーマン

         ウインナーの炒めもの

         ジャム・トースト

         牛乳

         アイスコーヒー

     

    徹子の部屋で。

    赤みそと白みそを混ぜ、そこに擦り降ろした玉ねぎと

    りんご酢を加えると、腸内環境に効くというからやっ

    てみた。

     

    酸っぱい味噌汁も捨てたもんじゃない。

    母親は「旨い旨い」と云った。

    因みに、体重も減るらしい。

     

    もし、今回の日韓輸出規制で、日本の旗色が悪くなった

    ら、即刻、内閣は総辞職するか、政権を譲るかして欲し

    い。韓国に太刀打ちできない内閣はいらない。

     

    やはりと云うか、韓国は米国に駆け込んだ。

    米国は決して韓国を見捨てないことを、彼らはよく知っ

    てる。

     

    レーダー照射で文句を云わなかった国だから、韓国に思い

    切り舐められている。

    今回のことで、韓国がジタバタ騒ぐのは当たり前だが、な

    ぜか日本国民はビビり始めた。

     

    TBSは完全に腰が引けた。

    日本人よりも韓国国民をおもんばかる。

    韓国がどうなろうが、何をしようが関係ない。

    日本はオタオタせず、行くとこまでいけばいい。

     

    「イランは日本の友好国だからね」

    だからどうしたと云うんだ。

     

    イランが、日本の石油輸送船を妨害したり、ホルムズ海峡

    に機雷をばら撒いたりしら、当然、友好国ではない。

    どうのこうの云うのはアホだ。

     

    それは米国に対しても同じ。

    米国が理不尽な要求を強制してきたら、「アホか!」と云っ

    て、即刻安保破棄だ。

     

    トランプは大恩人だけど関係ない。

    切り捨てればいい。日本人はトランプを選んだ訳じゃない。

    なんの責任もない。

     

    北陸新幹線について。

     

    東京ー金沢も無駄だったが、金沢ー大阪は、特急サンダー

    バードで充分だ。新幹線など作る必要はない。

    では何故造るのか?

     

    どうもなー、嫌なことだけどなー、税金の使い道が優先し

    てるんじゃないかなー。

     

    観光の為に、普通は、膨大な税金は使わない。

    東京ー金沢に新幹線を通したのは、百歩譲って、経済発展

    の為と、思えないことはないが。

     

    金沢ー大阪は、観光目的以外に考えられない。

    でも、もし観光だとすると、大いに疑問が浮かぶ。

    金沢ー大阪の間に、名だたる観光地はひとつもない。

     

    そう、多分、無駄遣いの為に、無駄遣いするんだろう。

    何故なら、一番費用が安くついた金沢ー米原は、いつの間

    にかかき消え、訳の分からない、小浜経由の、一番費用が

    かさむ案が通ってしまった。

     

    これだから国民は頭に来る。

    費用の安い案より、なんせ莫大に金の掛かる案が通る。

    一体、何のために、僕らは税金を納めているのやら。

     

    費用対効果だけで新幹線を論じたくは無いが。

    東北新幹線、上越新幹線、九州新幹線、それによってどれ

    くらい地方は潤ったのか。

     

    輸送会社と旅行代理店は儲かる。

    人が動けば、彼らは必ず儲かる。

    でも、肝心かなめの地方はどうなんだろう。

    地方のホテルは?観光地は?地元の交通機関は?

     

    なんとも云えないなー。

    いつまで続けるのかなー。

     

    役人のせい?

    ぼんくら知事のせい?

    政治家と役人の癒着?

     

    道州制にしとけば防げたのに。

    先があったのに。これじゃ、お先真っ暗だ。

    役人は減らさなくていいが、役人の持ってるブラック

    ・ボックスは減らさないと。

     

    税務署所長、地方の裁判官のトップ、警察署長、教育長、

    警察本部長、誰がどの部署のトップになるか、我々は全く

    関与していない。

     

    これで、民主主義国家だなんて云えます?

    全てブラック・ボックス。

    せめて警察本部長は、その地方の警察官が投票で決めると

    かしないと、役人の思うがままですよ。

     

    こう云うとこ、なんで米国の真似しないんだろう。

    米国は税金で喰う部署のトップは選挙で選ぶ。

    当たり前だと思うけどね。

     

    地方分権すると、初めてこの国に民主主義が根づく。

    そう思いませんか。

    このまま、古臭いまま、それでも民主主義のフリをし続け

    るつもりですか?

     

    野党は役人のシバリから逃れられない。

    憐れなもんです。でも、自民党も同じ。役人の思うが

    まま。

     

    明治維新以来、何も変えられない。

    この国の形はチイとも変わらない。

    変えようとしたのは、三島由紀夫だけでしょう。

    そして、どうであれ、誰も後に続かなかった。

     

    そんな事ではご先祖様に申し訳ない。

    先の大戦で散った300万の日本人に申し訳が立たない

    でしょう。

    僕みたいな出鱈目男でもそう思う。

    まともな日本人がこれだけいるのにね。

     

    やっぱ、アキラメですか?

    日本人の得意な「諦観」ですか?

    国から年金もらって知らん顔はないぞ!年寄りたちよ!

    そこんとこ、ビシッと決めんかい!

    知らんぷりしたら承知せんぞ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955912