RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 税金が泣いているぜ。 | main | 食い物の値段高すぎるぞ! >>
呑気なのか馬鹿なのか。
0

    7月14日   晴れ   起床6時

     

    朝食     烏賊と野菜の醤油炒め

           きゅうりマヨ

           みかん

           アイスコーヒー

     

    一昨日は、お隣から釣りたてのイカをもらい、今朝は

    見事なスイカをもらった。

     

    ナスも、キャベツも、きゅうりも、玉ねぎも、みなお

    隣からのもらいもの。ほんと、ありがたい。

     

    「良い場所に引っ越して来たわ」

    母は感謝を込めて云う。

    僕は野菜を沢山食べる様になった。

     

    日韓輸出規制は韓国により国際問題化している。

    木村太郎氏の云うように、これは日本の一番苦手な

    外交問題であり、韓国は次々手を打っている。

     

    他国にとって、日本と韓国のどっちが正しいかなんてほと

    んど関心がないとは思うが、日本は外交に関しては無知で

    あり、ノウハウが無く、韓国に良いようにやられる恐れ大

    だ。

     

    なんせこの国には軍人がいない。

    軍事機密もないし密約もない。

    東大を出たごく普通の人間が役人として、外交などに携

    わっている。相手にとっては素人同然だ。

     

    韓国男子はみな、二年間の兵役を経験する。

    今回来日した課長級役人にしても、眼光鋭く、背筋もピン

    と伸び、何事かあらば、相手を一瞬にして殺せるほどの殺

    気をみなぎらせている。

     

    これをして、「韓国は野蛮な国だから」なんて、ピントの

    外れた見方しか出来ないのが、悲しいと云うか、憐れだ。

     

    もっと不思議なのは、この問題が、現下の参議院選で、話題

    にもならない事。いくらなんでも、この義に及んでも「家計

    第一」なんて空念仏唱えるのがまかり通るなら、それこそ、

    参議院はいらない。

     

    「老後の為に2000万持ってないと、皆さん!生きて

     いけないんですよ!

     皆さん!これ、なんとかしましょうよ」

     

    今んとこ、日本は共産主義でも社会主義でもないからね。

    妙な不安あおって、共産主義のバーゲン・セールスかいな。

    セコイなー、ヒマなことや共産党さん。

     

    金、金、金、でここまで来た。

    吉田茂から池田勇人から。

    所得倍増はけっこうな話やけど、憲法改正はほったらかし

    た。そのツケが溜まった。

     

    自民党員だけど、維新の会を支持する。

    まともなのは維新の会だけだ。

    自民党の坊ちゃん、嬢ちゃんには何も期待しない。

     

    赤坂・神楽坂あたりで酒を飲んでるのは、地方の若手議員

    達だろう。今どき、料亭に集まったり飯食うのは、古すぎ

    ませんか?

     

    酒なんか飲むな!

     

    田舎から物見遊山に出て来た有権者など、放り出せ!

    そんな輩は選挙の時には役に立たん!

     

    行動しろ!

     

    こんなことしてると、2・26や5・15が起きるぞ!

    1円でも歳費もらったら、お前の命は国のものや。

     

    間違えるな!

     

    自民党など、どうだっていい。

    誰も期待してない。

    僕が期待してるのは、お前だ。あんただ。

    期待を裏切らんよう、国の為に尽くしてくれ。

    僕等の命を預かっとること、

    くれぐれも忘れるな。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955913