RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 呑気なのか馬鹿なのか。 | main | 消えた「少年」を探している >>
食い物の値段高すぎるぞ!
0

    7月15日   晴れ・曇り  起床7時

     

    朝食    きゅうりの漬物

          ゆで卵

          ジャム・トースト

          アイスコーヒー

     

    昨日のBSプレミアム「欲望の貨幣論」の中で。

     

    「戦争するより愛し合おう」

    そう云ったのがピッピーで。

    「戦争するより貿易しよう」

    これがEUの建国理念とか。

     

    僕は学生運動の波は被っていないが、ピッピーの波は

    少し被った。

     

    1974年。

    シスコのヘイト・アシュベリーには観光客の姿さへ既に

    なかった。ヒッピーの聖地は静かで、ガランとしていた。

     

    でも、ヒッピー文化の波を被ったロックバンドは大活躍

    していた。時代は、ピッピーが生んだ様々な価値を骨格

    にし血肉にし、新しいアメリカに向け動き出していた。

     

    僕が泊まったホテルは夕食時、飯を何皿も喰えた。

    どれほど喰おうが、ホテルは痛くもかゆくもない風だっ

    た。

     

    宿泊客で喰うことに執着していたのは日本人だけ。

    まあ、正確には、僕と柴田徹のふたりだけだけど。

    アメリカ人はゆっくり、2時間ぐらいかけて、ディナーを

    楽しんだ。ゆったりと、優雅に。

     

    長期宿泊客の中には売春婦もいた。

    彼女らとて仕事に出ない日は、誰かと話しながらゆったり

    したディナー・タイムを過ごした。

     

    ー 食い物がもの凄く安かった −

     

    マーケットでは、牛肉はブロック(塊)で売られていた。

    「そもそもアメリカには肉を薄く切る習慣がありません」

    アメリカ暮らしの長い日本人が、笑って云った。

     

    多分、今も、日本人は世界で一番高い牛肉や豚肉を喰って

    いる。食い物の値段がベラボーに高い。

    所得を増やすのは難しいが、食い物の値段はもっともっと

    安く出来る。

     

    昨日の「貨幣論」によれば、貯蓄はデフレを招く。

    昨今の日本人は不安の塊と化してしまった。

     

    老後が心配。災害が心配。事故が心配。子供が心配。

    孫が心配。小松が心配。日本が心配。わが身が心配。

     

    アメリカ人は月収の3か月分しか貯金がないらしい。

    それに比べれば、日本人は異常に溜め込んでる。

    しかも、どれだけ溜め込んでも足りない。

     

    おかしいのは、米国民の65%が、あの世の存在を信じ

    ている事。日本人はせいぜい10%いるかいないか。

    おかしいでしょう、意外でしょう。

    日本人は信心深いなんてのは大嘘かも。

     

    小沢一郎も、玉木君も、家計のことを云うんなら、まずは

    食い物の値段を下げてくれや。所得や年金を増やすよりそ

    っちの方が楽やろが。

     

    そんでやね。

    不安を煽るんや無しに、不安を取り除かんといかんのやな

    いの。そやろ!次から次、不安を増やすのが野党の務めや

    ないぞ。年寄りの味方になってやらんかい!

     

    自民党はタカククッテルから。

    チャンスや。

     

    枝野には何も期待せん。

    ああいう理屈っぽい男、大嫌いや。

    玉木君も、賢ければいいってモンやないからな。

     

    やっぱ、優しさとか、涙もろさとか、押しの強さとか、

    悩んでるとか、人間くさーいとこを有権者は見とる。

    小沢は駄目。あの男は大したことないのに、自分が賢い

    って思うとる。それが顔に出てるから。

     

    さてさて。

     

    ユーチューブの「魚釣り」観まくってる。

    「ふな」って云う人の投稿は面白い。

    浜名湖あたりが主戦場みたいだ。

     

    「黒鯛の前打ち」が得意。

    ルアーもやるし、小物釣りもやる。

    この人、常にボヤく。

    悪い方に、悪い方に考える。

     

    「もう時合は終ってるね、多分、釣れないと思います。

     粘っても無駄ですね。それで、ここらでやめます」

     

    面白い。

    思考回路が日本人離れしている。

    良いか悪いか、きっちり分ける。

    選択が早い。と云うか、常に選択する。

     

    「こうこうこうだから、こう」

    面白いなー。

     

    と云うわけで、そろそろネタ尽きたみたいです。

    これから先、粘ってもね、駄目ですね。

    雨も降りそうだし、やめます!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955914