RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 食い物の値段高すぎるぞ! | main | 世代の違いではないと思う。 >>
消えた「少年」を探している
0

    7月18日   曇り   起床5時

     

    朝食    玉子巻き

          トースト

          アイスコーヒー

     

    寝転んで「レイモンド・カーバー・傑作集」を読む。

    なぜか知らないが懐かしい気がする。

     

    ー ひょっとして、以前に読んだ? −

     

    読んだのかもしれないが忘れてる。

    彼の短篇はスラスラ読めるが、良く分からない。

     

    訳者の村上春樹さんも難解だと云う。

    分からなくても焦ることはない。

    まあ、分かろうがどうだろうが、大した問題じゃない。

     

    「えびすや」で。

     

    「俺は横浜やら川崎に遊びに行きたいんや」

    Sさんがしきりに云う。

    彼は川崎堀之内の話をしたくてしょうがない。

     

    「堀之内で風呂入って、それから中華街行くの?」

    くしゃくしゃな顔をする。

    「いきてー!忠平さん!連れてってくれまんや!」

    本気モードだ。でもね、僕はそんなに暇じゃないから。

     

    Sさんは72歳。会社の会長をしている。

    ガッポリ儲かる会社だから、Sさんは金に不自由しない。

    会社は長男と次男が継いだ。Sさんとしては、晴れて遊び

    たい訳で。

     

    「えびすやは我ら労働者階級の店だから、金持ちのS

     さん、あなたは来てはいけない」

     

    僕は意地悪を云う。

    「そんなこと云うなま!」

    「いやいや、ここは、我ら労働者の店です!」

    労働組合に青春を捧げた加賀市の男がウナズく。

     

    「来てもええわなー、千春ちゃん」

    「千春ちゃんは関係ないやろ」

    「今日もきれいよ千春ちゃん」

    「このスケベ親父はどうにもならんわ」

    「うわははは!」

     

    Sさんは僕の後見人だと云う。

    「わしはあんたを守りたいんや」

    まあ、有難い。意地悪はほどほどにしよう。

     

    産経新聞の黒田勝弘さんがBS・TBSに出演。

    昨今の日韓問題について語った。

    「韓国政府と上手くいかなくても、韓国民とは・・・・」

    彼は云いにくいみたいだ。

     

    韓国に住む黒田さんは、韓国を愛してるし日本も愛してる。

    今回の問題に関して、どうしても云いよどむ。

     

    「ムンジェインにとってはラッキーなんですね。打つ手が

     なかった時に、日本から制裁の声が上がった。

     もうこれで、反日を煽って、韓国を一枚岩にしようとし

     ますよ」

     

    でもそれは、黒田さんの願う韓国の姿ではない。

    いっときは誤魔化せるが、長くは続かない。

     

    「韓国民はですね、驚いてるんですよ。今も日本に頼って

     いるとは思ってませんからね。そんなに技術をもらって

     たんだって、びっくりです」

     

    果たして日本人は、韓国や韓国民を知ってるだろうか?

    ほとんど何も知らないんじゃないか?

    かの戦争だって、米国よりドイツの方が遥かに強いと、軍

    人達は思ってたんじゃないか?

     

    でなきゃあ、米国にケンカは売らない。

    東条や中枢にいた軍人は、ヨーロッパ・欧州組だった。

    山本五十六や石原莞爾ら、所謂、一線級じゃない軍人達は

    、欧州ではなく米国に留学し、米国の怖さを肌身で感じて

    いた。

     

    今も、僕ら日本人は米国や米国民の事などほとんど知らな

    い。でも、知ってると思い込んでる。

    例えば小松人は、日本中が小松と同じだと思っている。

     

    正に「知ってるつもり」が多い。

    何故「何も知らない」と思わないんだろう。

    この国はそもそも島国。韓国は大陸国家。

    シチュエーションが違い過ぎる。

     

    僕は米国を知りたい。

    米国を知らないのに、トランプ大統領をどうのこうの云え

    ない。彼は日本人ではない。米国人だ。

     

     

    知らないなら知らない方がいい。

    それが百倍良い。

    「知ってるつもり」が一番危険だ。

     

    僕は米国を知りたい。

    そのことが、何故か、子供の頃の僕に戻れるからだ。

     

    鱒釣りに夢中になったヘミングウェイとカーバー。

    梯川でフナ釣りに興じた少年時代の僕。

    とても近い。何かが似ている。

     

    日本では、いつの間にか消えていった「少年」が、米国で

    は歳をとっても尚、生きている。

    人生の黄昏に「少年」に戻りたくないか。

    それは不確かなものかもしれない。

    どうでもいいものなのかも。

    でも、もし、確かなものだとしたら。

    僕は僕の「核」を見たい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955915