RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 消えた「少年」を探している | main | 夏の女は何処に >>
世代の違いではないと思う。
0

    7月25日   晴れ    起床5時

     

    朝食   玉子巻き

         きゅうりマヨ

         トースト

         アイスコーヒー

     

    7月19日から23日まで伊豆に滞在。

    21日に義母の23回忌法要があった。

    義理を欠くわけにはいかない。というか、集まる

    のは家族のみなので。

     

    伊豆にいる間に夏風邪を引き込み、頭はボーッとして寒気

    もしたが、無料バスで伊東競輪場へ。大負けして帰った。

    徹底的にツイてなかった。

     

    行きの新幹線の中で、友川かずきさんの「一人盆踊り」を

    読んだのが悪かったなー。

     

    友川さんも云ってるが、競輪は他のギャンブルと違い、か

    なりな先達がいないと皆目分からない。難しい。

    僕には先達がいない。当分は分からないまま車券を買うし

    かない。

     

    ー 昨晩のプライムニユース ー

     

    今回、韓国はWTOに持ち込んだが、小委員会で日本が負

    けたとしても、次の上級委員会は委員がひとりしかおら

    ず、審議が行えない。米国がWTOをボイコットしてるた

    めだが。

     

    そうなると韓国はかなりな被害を受け続ける。

    因みに、ヨーロッパの国々はどこも、韓国をホワイト国と

    認定していない。

     

    日本だけが韓国に甘い期待をかけていた訳で。

    韓国は世界的にはアフリカ諸国と同レベルで、まったく信

    用されていない。問題はやはりと云うか韓国だった。

     

    ー テレビは吉本一色 ー

     

    なんともはや。

    松本が動いて会長、社長が折れ、宮迫らの復帰が濃厚と喜

    こんでいたが、若手の不満がくすぶり出した。

     

    シャレにして笑うしかないと思う。

    上層部批判を続けてると「笑えなくなる」時が必ず来る。

    吉本に寄り掛かるしか出来ない芸人のこと、若手は少し考

    えてやらんと。

     

    「ファミリーじゃない」とか「家族」ではないとか。

    面白くも何ともないことを云ってどうすんの?

    何が正しいとかの問題じゃないから。

    理屈やないから。

    嫌ならすっとやめればいい。

     

    こうやって大阪の文化が消されていくんやなー。

    吉本は三井物産じゃないから。

    すべてがシャレやがな、シャレ。

    契約書がどうのとか、分かっとらんなー。

     

    あのね。

    米国シスコのグレートフル・デッドも各自の契約無しや

    からね。本気のとこは契約なんてかったるい事せんのよ。

    メンバーのミッキー・ハートが云うとった。

     

    吉本はほおっておけばいい。

    気持ち悪いのが「れいわ新選組」。

    選挙が終わるまでなんも知らんかった。

     

    行き場のない左翼がなだれを打って押し寄せてるとか。

    世の中は何が起きるか分からん。

    まあ、枝野さんじゃドラマにならんもんね。

    その点山本さんは役者やからなー。

     

    自分でも云うとるけど危険そうや。

    アナーキーでしょう。

    無政府主義者。

    共産主義者の横には必ず無政府主義者がいる訳で。

     

    僕は興味ないので。

    活躍しようが潰れようがどうでもいい。

    政権獲るらしいけど。

    それを鵜呑みにする奴が大勢いる訳で。

    左翼もついに断末魔かな。

     

    でもね。

    こんな政党に群がるしかない世の中だからね。

    特に、東京。関東一円。

    希望なんて簡単には見つからない。

    だから被害妄想。こいつが広がる。

    それは当然そうなる。

     

    守ってくれるもんは、何もないんやから。

    そんな不満は、吉本の若手も同じ。

    でも焦っちゃダメ。

    焦ったら、ジ・エンド。

    終りまっせ、確実に。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955916