RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 世代の違いではないと思う。 | main | 嗚呼 風の匂い >>
夏の女は何処に
0

    7月27日   晴れ    起床7時

     

    朝食    カレーライス

          ラッキョウ

          すいか

     

    地元新聞に載る僕の顔写真は10年ほど前のもの。

    せっかくだから撮り直そうと思い、カメラマンのN君を

    梯川の土手に誘った。

     

    それが昨日。

    気温は40度近い。

     

    カメラのレンズを通すと、そこに顔の醜いデブな男がい

    るだけだった。腹が異様に出てる。

    僕はアロハの上に、半袖のサファリシャツを羽織り、右

    肩にテレキャスターをぶら下げた。

     

    空は広く青かった。

    雲は横に流れていたが、夏の勢いを感じさせた。

     

    フォト・セッションはものの5分で終了。

    57歳のカメラマンと一緒に「えびすや」へ。

    彼は僕のブログをよく観てる。

     

    「あの人が小松のホラン・チアキさんですか?

     想像してたよりきれいだなー」

     

    まずは生ビールで乾杯。

    常連が次々僕に話しかける。

     

    「うわー、忠平さん!有名人じゃないですか」

     

    けっこう飲んで喰って「月光亭」へ。

    彼は「えびすや」も「月光亭」も初めて。

     

    「ママは少し気の強い美人かと思ってましたが、違い

     ますね。可愛いですねー、とても優しそうだし」

     

    彼は職業柄色んな女に会ってる。

     

    「良い店ですわ、小松は凄いです!」

     

    何のかんので僕らは「月光亭」の最後の客になった。

     

    ー 梯川はミシシッピーの支流やから。

      その岸辺に、デブな老いたミュージシャンが立って

      るわけや。ちょっと帽子のふちに手を掛けて、この

      世にグッドバイしてる、そんな感じで撮ってね −

     

    そして、そのイメージ通りの写真が撮れた。

     

    草の匂い。泥の匂い。

    風は色んな匂いを運んでくる。

    「川の歌」は、もっと欲しい。

     

    「川が海に注ぐあたり」と「梯川の歌」しかない。

    結局、僕は川を離れられなかった。

    「川岸の人生」を送った。

     

    「プラウド・メアリー」や「カーマ・カメレオン」みたい

    な歌。気持のいい夏の歌がいい。

     

     ー ロング・ホット・サマー −

     

    スタイルカウンシルな夏。

    確かにそんな夏があった。

    デイ・ドリームで、少し人工的でパンクで、エレガントな夏。

     

     − ドゥ・ユー・リリィ・ウオントゥ・ハート・ミー −

     

    ボーイ・ジョージの夏。

    あったなー。大好きやー。

     

    「キャット・ナップ」な夏もね。

    浅川マキさんの夏。

     

    詩人の正ちゃんが、伊豆稲取の漁港で、車のドアを開け放し、

    リクライニング・シートブッ倒して、よだれ垂らして爆睡し

    てた。カンカン照りの真っ昼間。

     

    マキの「キャット・ナップ」は爆音で漁港に流れた。

     

    そんで、やっぱ。

     

      − シッテイン・ア・バー

        テッピイン・ア・ジァー

        イン・ジャクソン

        オン・ザ・ストリート

        ザ・サマーサン・イズ・シャイン

     

    「カントリー・ホンク」ローリング・ストーンズ。

     

    今はやりのジンでも飲んで、女を引っ掛けるかな。

    なんてね、まあ、気持だけでもそれぐらいないと。 

     

    まだ体に昨日のバーボン残ってるなー。

    ホンキートンクな女、おらんなー。

    いや、売春婦やなくて、性格がオモロイ娘ね。

    もう、女なら誰でも良いけどね。

    ウヒヒヒヒ。

    ついに本音が出ましたな。

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955917