RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夏の女は何処に | main | 中途半端なエロ顔 >>
嗚呼 風の匂い
0

    7月28日   晴れ   起床6時半

     

    朝食    ゆで卵一個

          玄米トースト

          ぶどう

     

    夏風邪がなかなか治らない。

    連日酒を飲んでるから治る訳が無いんだけど。

    肺がね、ゼイゼイ云うなー。

     

    懐かしの「ブギ・トゥ・ユー」をバンドで練習してる。

    大昔、デッドのミッキー・ハートが云ったんだけど。

     

    「普通はブギ・フォーユーだけどね、トゥ・ユーの方

     が面白い。このままでいいよ」

     

    作品が出来上がり、ミッキーはこの曲を電話でガルシア

    に聴かせた。

     

    「昨晩、ガルシアに聴かせたよ、ショダーン」

     

    前にも書いたけど彼は柔道2段。

    僕は初段。講道館を借りて二人で乱取りした。

    僕は得意技「背負い投げ」で、ミッキーをきれいに投げて

    しまったが。まあ、それ以来彼は僕を「ショダーン」と呼

    んだ。

     

    「そりゃまあ、凄いなミッキー、そんで、ガルシアは何か

     云うとったけ?」

     

    「聴きたいか、ショダーン」

     

    「聴きたいわな、意地悪云うな」

     

    「ガルシアはね、めんたんぴんはダイヤー・ストレー

     ツに似てるって云ってたよ」

     

    「えっ、ダイヤー・ストレイツ?」

     

    当時のダーヒー(飛田一男)のギターは絶好調やった。

    ミッキーも相当に気に入ってた。

     

    「彼のオブリガードとリード・ギターはとても面白い。

     彼のフレーズは宝の山だ。」

     

    多分、ノップラーのギターと、ダーヒーのギターが重なっ

    たんじゃないかな。意外だけど、ダーヒーのギターは聴く

    人が聴くと、カントリー風ゴージャス・ギターに聴こえる

    みたいだ。

     

    この話は何度も書いたけど。

    まあ、良いんじゃないの。

    スケールがでかいもの。

    相手はグレートフル・デッドでっせ!

     

     − 練習とリハーサルは違う −

     

    僕はずっと練習をしたかった。

    いや、これは僕だけではないだろう。

    リハーサルはコンサート等の最終確認作業であり、いわゆ

    る完成形を目指す。

     

    練習は全く違う。

    練習は何をやっても良い。

    あけくれコーラスの練習をするもよし、昨日思いついた曲

    をやってみるも良し。

     

    この歳で、これに付き合ってくれるミュージシャンがいる

    のは有難い。これが出来るのは、ロックの伝統が小松では

    生きているからだ。

     

    「我が儘な親父に付き合ってみるのも、面白いかも知れ

     んし、勉強になるかも知れん、ウヒヒヒ」

     

    ベースのK君はそう云った。

    皆年下なので、人間関係を気にしなくていい。

    僕は音楽のことだけ考える。

    音楽で妥協しないことが僕の役目。

     

    ひょっとすると、いや間違いなく、僕が求めているのは、

    小松サウンドだと思う。まだ誰にも指摘されてないが。

    ボーカリストとしての確立など、ハナから考えていない。

     

    北陸のサウンド?加賀南のサウンド?

    沖縄に負ける訳にはいかない。

    今も信じている。

    梯川はミシシッピーの支流だと。

    そんな馬鹿がひとりはいる訳で。

    うひひひ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955918