RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 中途半端なエロ顔 | main | 金沢を唯の観光地にするな! >>
連日酒飲んでクッチャべってます
0

    7月31日    晴れ    起床5時半

     

    朝食    鍋焼きうどん

     

    朝から暑い。

    それも湿気満タンの暑さだからタマラン。

    おまけに夏風邪は治らんし。

     

    昨日は一緒にマッツを経営している、と云うか、

    親会社社長のSさんからの誘い。

     

    「どうや忠平、えびすやで一杯やらんか」

     

    そう云う訳で「えびすや」から「月光亭」を、Sさん

    と巡った。Sさんは71歳。まだまだ元気。

    Sさんはビル管理会社と、イベント制作会社を起業し

    育てた。

     

    話していて、僕はあること気付いた。

    Sさんの会社は両方とも所謂、裏方の仕事だ。

     

    「そうかー、そうだったなー」

     

    以前、だいぶ前だけど。

    Sさんは小松市長に出馬したいような素振りを見せたこ

    とがあった。Sさんは他人の面倒をよく見た。でも自分

    の思いを積極的には表に出さなかった。

     

    あの時。

    「Sさん!小松市長になって下さい!」

    そう云うのが僕の役割だった。

     

    現市長がどうだとかこうだとか云うんじゃない。

    Sさんは小松市のリーダーにふさわしい男だと、今更なが

    らに僕は思う。

     

    Sさんには独特の発想とモノの見方がある。

    加えて、裏方をきっちり組織し、アイデアを実行してゆ

    く力がある。

     

    あまりに近くにいた人だから僕は気付かなかった。

    いや、そもそも僕の目は曇っていた。

    小松のことを思えば、Sさんは最適任者だった。

     

    サラリーマンしていた人。

    役人だった人。

    政治家だった人。

     

    これらの人は首長には向かない。

    自分で会社を興し、育て上げた人でないと、市政や県政を

    運営してゆくのは無理だ。

     

    トップになった途端、誰の意見も聞かなくなり、周りはイ

    エスマンばかりで固めるのがパターンだ。

    サラリーマン時代には叶えられなかった、自己顕示と云う

    欲望がむくむく肥大し、自分に光が当たらないと頭に来る

    ようなセコーイ男が、そこいらじゅうにいる。

     

    そう、首長だけじゃない。国会議員も同じ。

    「俺は他とは違う。俺は優秀だ!」

    そんなアホで国会は溢れている。

    東大出たとか、官僚だったとか、どうでもいいじゃないか。

    そんなステレオタイプはもういらない。

     

    日韓がいがみ合っていては中国とロシアを喜ばすだけだ。

    誰かがアイデアを出さねば。

    戦略、軍略の無い日本は無理か?

    10年先、20年先を目指して、この国は歩んでいるか?

    若者を救おうと本気出してるか?

     

    違うステージに日本は移って行く。

    望まなかったとしても。

    時代は決して繰り返さず、直進する。

    新しい時代は必ず来る。

    それが良い時代か、最悪の時代か分からないが。

     

    多分、悪い時代が来るだろう。

    最低最悪が。

    誰もが直感している。

    若者から年寄りまで。

    不安が不安でいる間は良いが。

    不安はいつか不満に変わる。

    陰湿な不満に。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955920