RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 連日酒飲んでクッチャべってます | main | あれもしたいこれもしたい夏 >>
金沢を唯の観光地にするな!
0

    8月1日    晴れ    起床5時半

     

    昼食    母の作った弁当

     

    マッツの女性従業員が今月で辞める。

    彼女は上京し、東京で仕事をするらしい。

    すでに住居は決めたとか。

     

    オリンピック関連で、東京では様々な専門職を募集して

    いる。地方には裏方の仕事が少ない。構成作家、舞台監

    督、メーキャップやヘヤーデザイナー、スタイリスト、

    照明や音響、それらの需要が極端に少ない。

     

    若者が東京に仕事を求めるのは仕方がない。

    地方には裏方の仕事が無いし、そもそも裏方の仕事が存

    在することすら知らない人が多い。

     

    地方は、工場で働くしか主だった仕事はない。

    高校の普通科を出るより、工業高校を出た方が重宝がら

    れる。

     

    そんな場所に若者を縛り付ける訳にはいかない。

    ここらが地方都市の決定的な弱点だ。

    これを少しでも解決したいなら、経済界出身の首長を選

    らぶに限る。

     

    U2のエッジはアイルランドのどこかの街で、中古の家

    具を売る店で働いていた。

    「絶望的な気持ちでソファーを売ってたよ」

    そんな境遇からしかロック・ミュージシャンは出てこな

    い。

     

    オアシスのリアムは、芝刈り機を5台持っていたと云う。

    「牛乳はヨソんちの玄関に配達してあんのを飲んだ」

    犯罪者でヒマ人だ。

     

    ロックは何処にいても出来る。

    これは断トツに素晴らしい。

    売れたら東京に出てゆけばいい。

     

    ところが最近のバンドマンはハナから東京に出てしまう。

    これは意味がない。

    東京で知り合ったからと云って、良いバンドが組める保

    障はひとつもない。

     

    「お笑い芸人」と「ロック・バンド」は、同郷でないと

    難しいと思う。片いっぽうが東北で、片いっぽうが沖縄

    では、なり立たないんじゃないか。

     

    「お笑い」も「ロック」も、地縁・血縁がものを云う。

    両方とも、兄弟コンビが多い。幼稚園か、小学校からの

    知り合いも多い。

     

    と云うことは、「お笑い」も「ロック」も、売ってるの

    は故郷の「何か」であり、音楽的才能や、アイデアにい

    くら優れていても意味は無い。

     

    これをダイナミズムと云うんだろうが。

    そう云うことを、多少とも分かっている知事や市長がど

    れくらいいるか?まあ、確実にゼロでしょうね。

     

    最後に。

     

    金沢に観光客が沢山来て、金沢の人も僕もうれしい。

    うれしいんだけど、金沢がタダの観光地に成り下がって

    は、元もこうも無い。

     

    金沢の風情が失われるくらいなら、観光ごときはやめに

    したらいい。

    なんか、観光って、他人を自分の大切な家に入れて、そ

    んで、身を削られるような不快さに耐えることだと、こ

    の頃、思うようになった。

     

    赤の他人に、ずかずか家に入られて、それで幾らか儲か

    ったとか、儲からなかったとかは、およそ、金沢には似

    合わない。金沢人はみな人が良いから、人の悪い小松人

    の撲が文句を云う。

     

    観光を一番に考えたら、その街はすでに終わっている。

    観光業は、水商売の中でも、取り分け景気の影響を受け

    安い。おまけに災害には決定的に弱い。

     

    儲かるのは客を運ぶ手段を持ってる会社と、旅行代理店

    だけだ。特に、中小のホテルや旅館は、客が来たら来た

    で、従業員の確保が難しくなり、賃金が高騰し、何が何

    やら分からなくなるのがオチだ。

     

    悲しいのは、今も多くの若者たちが、金沢を去り東京に

    移って行くことだ。

    観光客には魅力的でも、若者には唯の騒々しい街だ。

    そろそろ考えるときが来たと思う。

     

    調子のいい今こそ次の手が打てる。

    観光に溺れてはいけない。

    くれぐれも石川県民を中心として。

    若者にとって魅力ある街を創造してください。

    石川県知事閣下!ヨロシク!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955921