RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 金沢を唯の観光地にするな! | main | サマー・ジャケットは無駄か? >>
あれもしたいこれもしたい夏
0

    8月3日   晴れ    起床5時半

     

    朝食   チャーハン

         きゅうりとキャベツのサラダ

         玉子巻き

     

    金沢大和5階・紳士服売り場で買った、夏用ペラペラ

    ジャケットを着て、灼熱の中、自転車でマッツへ。

     

    因みに、夏用ペラペラジャケットは4着買った。

    うち2着が3Lで、2着が4L。

    その日の腹の出具合で3Lか、4Lのどちらかを選

    んでいる。

     

    そもそも、この酷暑に、ジャケットが必要な訳が無く、

    僕は意味もなくペラペラを羽織っている。

    「まあ、せっかく買ったんだから」

    そんなビンボウ臭さが顔を出す訳で。

     

    このペラペラジャケットを洗濯屋に持ってゆくと、だい

    たい1000円は取られる。

    どうでもいいものに1000円はチト高い。

     

    僕は思い切って自宅の洗濯機にぶち込んだ。

    ほとんどはペラペラからヘナヘナに変わったが、さして変

    化しなかったものもあった。

     

    そのジャケットは、色が好みではなく、材質もビヨーンと

    伸びる奴で、一番どうでも良いものだった。

    でも、洗濯費用が掛からないのは大いに助かる訳で。

    今朝も、僕はそのジャケットで出勤した。

     

    朝、起きがけにアイデアが浮かんだ。

    昔、東急キャピタルの高級飲み屋「李白」だったか、メキ

    シコ人混成ボーカル・グループが「デスペラード」を歌っ

    ていたような、歌っていなかったような、あやふやな記憶

    が蘇えった。

     

    事実はどうでも良い。

     

    例えば、ローウェル・ジョージのソロ「特別料理」の中の

    「ローザ・リタ」のリズムで、ダンサブルにやったら面白

    いと、まあ、ヒラメイタた。

     

    ー 人前で洋楽を歌うなら、せめて踊れた方が良い −

     

    こんな僕でもサービス精神は有る。

    それに、小松サウンドは「怪しげなラテン」をキーにしよ

    うと思ってる。

     

    米国ではついに、ヒッポップとカントリーが合体した曲が、

    滅茶苦茶売れてるみたいだし。

     

    バラッドとカントリーとラテンが合体するくらいは、従妹

    同士の結婚みたいなもので、全く無理はない。

     

    「ブラウン・シュガー」はラテンだ。

    カスタネットが入るので、スペイン風でもあるし。

    そもそもロックンロールはラテンだからね。

     

    基本は「ケツ振りダンス」だから。

    ケツを振らずにくるくる回ったり、飛んだり跳ねたりはガキ

    用ダンス。大人は毎日腰を振ってないとすぐに老ける。

    怪しげに踊ってないと女は「女」を失い、男は「男」を失う。

     

    これは大事。

    頭ばかり使っても駄目。

    毎日踊っていれば、ウォーキングしなくていいからね。

     

    毎日女の見事なケツが揺れるの見てたら、文句無しですわ。

    そうでしょう!それ以上何を望みます?

    幸福とは、揺れる女のケツでしょう!

     

    まあ、この程度のアホなもんで、スンマセン。

    多少頭が暑さにやられているのかも。

    でもまあ、はっきりした夏は嫌いじゃない。

    思い切り熱いのは、好きですねー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955922