RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< サマー・ジャケットは無駄か? | main | 女探してウッドストック >>
自信持てよ!自分のアホさに
0

    8月7日    晴れ    起床6時

     

    昼食    アジフライ

          トマトサラダ

          宇都宮ギョウザ

          味噌汁

          御飯

          アイスクリーム

     

    「えびすや」で鱈腹喰って飲んで「月光亭」へ。

    何やかんや話してたらママが、「忠平さんは服買い過ぎ

    やわ!」と云いだした。

     

    「あんたも服よう買うやろが!」

    切り返したが、「カッコつけの忠平!」のイメージが残っ

    てしまった。どうしてくれるんや!

     

    何を買おうが、何をいくつ買おうが、俺の自由や!

     

    「釣り竿買い過ぎ!」「エレキ・ギター買い過ぎ!」

    「競輪しすぎ!」「酒飲み過ぎ!」

     

    日本を窮屈にしているのは、女たちのひと言だ。

    女ってそんなに偉いの?

    アホらしや!

     

    カウンターの若い男はしきりに云う。

    呪われたように。因みに彼はバツイチ。

     

    「やっぱ、男が悪いんですよ、僕は反省してます」

    「ナニ!」

    「女の大変さ分かってやれなかったんです」

    「ナニ!」

    「離婚して当然です。僕は最低だった」

     

    「女は偉大だし、正しいですよ!」

    「あのな、お前な」

    「女の掌の上で男は踊っていれば良いんですよ」

    「あのな!」

     

    真面目そうな男だった。

    でも、全ての男がこうなったら日本は終わりじゃな

    いの。

     

    「危ない所には行くな!」「軍備は持つな!」

    「卑怯者でも何でも戦地に行くな!」

    「徴兵を云うものは気がふれている」

    「安全な場所にいろ!」

    「公務員か銀行員に成れ!」

    「憲法9条は世界の宝!」

     

    これすべて僕は虫唾が走る。

    以上のことを女が云うのはまだしも、男が云いだした

    らアカンでしょうが。

     

    でもね、女はどんな時代でも同じこと云うのよ。

    それを云わせないのが男の務め。

     

    「あなた、今日も競輪ですか、頑張ってくださいね」

     

    嫁さんにこう云わせる男は偉い!

    世の中に一人もいないと思うけど。

     

    「昨日も行ったのに、今夜も月光亭ですか、どうぞ英

     気を養って、お仕事頑張ってね、私待ってます」

     

    これ云う嫁さんいないわなー、アホっぽいもんなー。

    だからまあ、女の云うことはほどほどに聞いとけばい

    いんじゃないの。

     

     − 母親に逆らうか否か −

     

    母親が望むのはセーフティ・ゾーン。

    でもこれに従うと、一生涯母親の云うことを聞くしか

    なくなる。母親の云うことは聞かないに限る。いや、

    女の云う事は、に置き換えても良い。

     

    女は「正しい方」に必ずにじり寄る。

    女はそんな生き物だ。

    そうでなければ子供を育てられない。

     

    男は違う。

    男は「正しい方」を、そもそも疑う。

    疑って疑って車券を買う訳で、ウヒヒヒ。

    男は疑う能力を、競馬場や競輪場や飲み屋で、日々

    鍛えに鍛えている。

     

    まあ、男は因果なもんだ。

    でもそれが男の本質と云うか、本筋だから仕方ない。

     

    そこを、昔の女は分かっていた。

    そもそも男は根無し草で、底の底まで落ちて行くと知っ

    ていた。

     

    男は馬鹿で、お調子者で、哲学者だ。

    男を知りもしないで、「正しいモノの見方」で判断する

    のは、女のおごりだと思うなー。

     

    女に嫌われることばかり云ってる。

    だから、アホなんです。

    炎天に照らされる前から、アホでーーーーーす。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 18:05 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    あ〜それなのに、それなのに、
    そんなオンナに惚れてしまうのよね〜ギャハハ。
    | arison | 2019/08/07 7:36 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955924