RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 自信持てよ!自分のアホさに | main | 夏のエロな妄想 >>
女探してウッドストック
0

    8月8日    晴れ    起床5時45分

     

    昼食     鍋焼きうどん

     

    暑い時に「鍋焼きうどん」が何故か喰いたくなる。

    「鍋焼き」と云ってるが、正確には「すき焼きうどん」

    だ。牛肉、豆腐に、ネギを入れ、最後に卵を落とす。

     

    やたらに旨い。

    七味を大量にぶっかけるので、汗が噴き出す。

    ご飯を付ければ鉄板。糖質ダイエットには最悪。

     

    毎食これでもいい。

    栄養はあるし、汗は出るし、後かたずけも楽だし。

    太りそうだけどね。まあ、しょうがない。

     

    好きじゃない若手議員と、同じく好きじゃないフリーア

    ナウンサーが一緒になる。テレビは大騒ぎ。

     

    「お似合いのカップル」

    「未来の首相と総理夫人が浮かんだ」

    「令和にふさわしい結婚」

     

    「僕は政治と云う戦場で戦っている」

    そうじゃなくて、本物の戦場に行ってくれよ。

     

    議員の方が女を誘ったとは思えない。

    確実に、女の罠に堕ちたと思う。

    女の父親はフランス人。

    甘いなー。そんなんでいいんかなー。

    ハニー・トラップかも知れんで、ウヒヒヒ。

     

    まあ、どうでもいいけど。

     

    僕は1951年生まれ。

    マイクル・コナリーのミステリによれば、僕と同い年

    の米国兵士は、ベトナム戦でかなり死んでいる。

     

    と云うか、死んだ兵士のほとんどは僕の世代。

    多分、こう云う事実を若い頃に知ったとしても、右から

    左だったと思う。

     

    もし、米国で生まれていたら。

    そう思うと、ベトナム戦が身近になる。

     

    昨晩、NHKラジオでサンターナの「ソウル・サクリファイ

    ズ」を聴いた。時刻は午前3時ごろ。

    そのハイ・テンションに心がゆすぶられた。

    壮絶なドラムはマイク・シェーリーブ。

     

    ウッドストックから50年が経過した。

    「愛と平和の祭典」

    当時僕は17歳。

     

    一年上のK君は米国に留学していた。

     

    「ウッドストックには行ったよー。女の子目当てでね」

    「音楽は?」

    「知らねーよー、目的は女だよ、決まってるじゃん!

     ロックかなんか知らんけどさ、男がわざわざ音楽聴

     きにあんな田舎に行くわけないじゃん!ね!」

     

    まあ、それが自然だよね。

    K君は志願して後に米兵となり、ベトナムへ送られた。

     

    彼と初めて会った時、「お前のロックは良いね」と、確か云

    ったけど。調子のいい奴だったからな。

     

    ノースピアや、PXに連れて云ってくれた。

    「このチキン、死ぬほどウメエよな、忠平!」

    基地の空き地に車を止め、フライドチキンを貪り食った。

    あれは夏だった。

    よく覚えている。木々の緑が鮮やかだった。

     

    「フォーク野郎にはなるなよ忠平!弾の飛んでこない

     国で反戦歌歌って何になるんだ。俺たちはベトコン

     と戦った。国の為にだ。卑怯者になるな!忠平」

     

    それではまた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955925