RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 女探してウッドストック | main | 韓国は遠い国かも >>
夏のエロな妄想
0

    8月9日   晴れ   起床7時

     

    朝食    きゅうりマヨ

          トマト

          ピーナッツ・ホイップ・トースト

          アイスコーヒー

     

    午前7時には家の電話が鳴った。

    母親の友人からだった。

     

    今日の北國新聞「忘れえぬあの時」は、佐々木忠平の「忘

    れえぬあの時」だった。

    僕はデッドとの出会いが「あの時」だとインタビューに答

    えた。

     

    1974年、2月、サンフランシスコ、カウパレス。

    そこでの5時間に及ぶコンサート。

    コンサートの題名は「サウンド・テスト」。

     

    僕の携帯にもいくつかメールが入った。

    やはり新聞に「グレートフル・デッド」なんて文字が載る

    と気分がいい。ローカル新聞だとなおさらだ。

    来週も載る訳で。

     

    これで僕もほんの少しは「ローカル・スター」だ。

    もっと地元の為に働けば「ローカル・ヒーロー」になれ

    るかも。

     

    そうなら、今のうちにバンドで、ダイアー・ストレイツの

    「ローカル・ヒーロー」を練習しとけばいいんじゃないの

    ?良い曲だし、なんてね、アホやわ。

     

    さてさて。

     

    まだ何も実績のない美男代議士を、マスメディアはこぞっ

    て総理候補に持ち上げる。

    小泉某に罪はないが。

     

    だいたい超良血馬は走らない。

    見かけが良いので高値で売れるが。

    小泉某が超良血か知らないが、僕は走らないと思う。

     

    小泉某が危険を冒して、クリスタルに近ずくとは思えない。

    クリスタルは「エエとこの息子」が好みで、あちこちに網

    を張る蜘蛛女だ。

     

    ある時は、クラッシック指揮者の息子と結婚かと騒がれ

    たが、結婚出来なかった。

    だから小泉某は、蜘蛛女には男がいると思ってたはずで

    、慎重な小泉某の方から口説くとは、到底考えられない。

     

    クリスタルは40を超え、いよいよ最後の獲物を探した。

    獲物はいた。38才独身。未来の総理候補。

     

    名前がクリスタルだから、彼女の肌は透き通るように白

    い。この白さに男は致命的に弱い。

    たいがいの男は泡を吹いて落ちる。

     

    以上は僕の妄想。悪しからず。

     

     

     − 「デスペラード」をラテン風に −

     

    この目論見はほぼ成功した。

    どこか夜のステージで演奏してみたい。

    僕は「ホテル・カリフォルニア」もアレンジしたい。

     

    「デスペラード」はそもそもメキシコ風だ。

    僕が思うアレンジとは、曲を「そもそもの国に返してやろ

    う」だ。他に云いようがないので「アレンジする」と云っ

    ているが。

     

    「ホテル・C」も帰りたがってる。生まれた場所に。

    この曲もメキシコへ帰りたいのかもしれない。

    或いは、中近東へ。

     

    白人と黒人がこの世を形成している訳ではない。

    僕は中南米と中近東に、人類に必要な大きなエネルギー

    が眠っているように思う。

     

    岡本太郎氏もそう確信していた。

    中近東の音楽はインド音楽より、遥かに複雑でカッコいい。

    メキシコは「生きる」エネルギーを生産する中心地だ。

     

    「ラ・バンバ」一曲で、すさまじいエネルギーを感ずる。

    基本中の基本の曲だ。

     

    ー奴らはきっとメキシコからやってくる −

     

    奴らとは、飛田一男と柴田徹だ。

    僕に文句を云いにやって来る。

    もうすぐお盆。

    待ってるぜ!いつでも。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:05 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    クリスタルなら、(英語表記)crystal・結晶・水晶。 
    だけど、話題の方は・・・ 
    クリステル、(Christel, Christelle, Kristel, Christer) 
    ヨーロッパ系の女性名。 
    滝川クリステル・シルビアクリステル 
    後者の人生も、色々あったようです。 
    ともあれ、  
    狭い日本で、出会った二人。長い目で見てあげたいですね。 
    | 本町T. | 2019/08/09 8:24 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955926