RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夏のエロな妄想 | main | ディキシー・チキンな夜 >>
韓国は遠い国かも
0

    8月10日    晴れ    起床5時半

     

    昼食    玉子巻き

          鍋焼きうどん

     

    どうも鍋焼きうどんがやめられない。

    毎日喰ってる。

    作るのは比較的楽だが、材料を揃えるのは面倒くさい。

     

    実に旨い。

    おまけに、ご飯と滅茶苦茶合う。

    多分、日本酒にも合う。

     

    牛肉に飽きたら、天婦羅を入れようと思ってる。

    「白エビと季節の野菜のかき揚げ」なんかが良い。

    ほんと、食慾が収まらない。

     

    これだけ暑いのに全く衰えない。

    どうなっとるんやろ。腹は出る一方。

    でも、元気やからそれで良いか。

     

    ー 金正恩の勝利か? −

     

    そんな気がして来た。

    トランプは完全に丸め込まれたし。

    韓国大統領はそもそも下僕だし。

    ムンジェインは喜んで韓国を差し出すだろう。

     

    そうなると、軍部クーデターかな?

    今日にでも起きて不思議ないけどね。

    経済は相当に悪いみたいだし。

     

    北が崩壊すると、北の人達は韓国と中国に逃げると

    云われているけど。

    では、北朝鮮が韓国を飲み込んだら、韓国の人達はどこ

    に逃げるんだろう?

     

    中国?ロシア?米国?

     

    取り敢えずは日本じゃないの。

    中国やロシアには逃げんでしょう。

    何かね、もう一度、日本が韓国を抱え込む日が来るよう

    な気がするんだよね。

     

    そう云う運命と云うか、因果と云うか。

     

    そんな気しませんか?

    僕はするなー。一度有ったことは二度有る。

    全韓国民の面倒を見る羽目になるんじゃないかな。

     

    昨日のBSフジ「プライムニュース」

    元日経の鈴置さんとか云う人の意見が面白かった。

    「韓国民とは一体どんな国民性なんでしょう?」

    この質問の答えが、全ての疑問を溶解させた。

     

     − 韓国の人はね、勝ち馬に乗りたがるんですよ −

     

    鈴置さんの意見。

     

    日本なら、選挙前日には、

    「あと一息、あと一息のご声援お願いします!」

    とまあ、危機感を訴える。

     

    でも、韓国でこれをやったら、「こいつは負けや!こいつ

    を支持してたら負け犬や」とばかりに、選挙民はドン引き

    するそうな。

     

    だから歴代大統領がエライ目に会う訳で。

    「あかん」と思ったら一斉に離れボロクソ云う。

    他陣営に走る。

     

    これでは日本人と合わん。

    まったく逆やもん。正反対。

    日本人はどっちかと云うと判官びいき。

     

    韓国はすぐ反対運動をする。

    すぐデモをする。

    すぐユニクロの袋を踏みつける。

    すぐに過激になる。

     

    ー これすべて、勝ち馬に乗りたいがため −

     

    分かりやすいなー。

    主体性は無きに等しいんかな。

    多分、ムンさんも、殺されるか刑務所行き。

    こんな国と議論しても、会談しても無理だわ。

     

    でもなー、儒教の国がなー、勝ち馬に乗りたがるはない

    でしょう。カッコ悪すぎ。そこまで韓国は落ちてないと

    思うけどね。

     

    他国のことは想像するしかない。

    韓国の事情など日本人はほとんど知らない。

    韓国民もまた然り。

    「知らない」を知るしかない。

    知ったかぶりは禁物です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955927