RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 韓国は遠い国かも | main | 香港を日本は守れるか! >>
ディキシー・チキンな夜
0

    8月11日    晴れ   起床5時

     

    昼食    寿司

          かれい塩焼き

          なすのオランダ煮

          きゅうりなます

          筑前煮

          いちじくのケーキ

          アイスコーヒー

     

    妹が来ると、母親はご馳走を用意する。

    「持つべきは娘」

    息子は役に立たないが、娘は役に立つ。

     

    午後4時。

    少し日が陰ったので、妹の車で墓参り。

    帰りはマッツまで送ってもらう。

     

    最近、ユーチューブを覚え見まくってる。

    特に日韓問題に関しては面白い。

    僕は「OIDMAN−何とか」が、好きだ。

     

    韓国には立派な人がいる。

    軽い感じで話してるが、よく殺されないもんだと思う。

    彼は「僕は親日家ではない」としながら、日本による韓

    国統治は決して奴隷的ではなかったと、分かりやすく説

    明した。

     

    間違った歴史認識を利用して、北に奉仕しているのが文

    ジェインだと彼ははっきり云う。

     

    「北が我々韓国民に何をしてきましたか。軍艦爆破、ヨン

     ピョン島砲撃、国境での地雷爆破。

     いま文ジェインはその国に入れ込んでいます。

     

     戦後70年の間、日本が我々に害を与えたでしょうか。

     日本は我が国の経済復興に無くてはならない国だった。

     近くに日本があったお陰で、韓国は経済大国になれたの

     です」

     

    申し訳ないほどに親日だ。

     

    OLDMAN氏の云うように、韓国民に対し差別はあった。

    でも差別はどんな国でもある。

    氏は云う。

    「日本人が韓国民を奴隷にしたことは一度もないのです」

     

    さてさて。政治の話はこれくらいで。

     

    ーメンフェスのコモドア・ホテルのバーで、二人の男が

     酒を飲んだ ー

     

    「新しい知性と戦略が必要だよ、ミスター・コイズミ。

     戦争はすでに始まっているのかもしれないよ」

     

    ローウェルは日本から来た若者に云った。
    本日二杯目のビールをグビリと飲みながら。

    そして彼は、スイカのようにデカイ腹を撫ぜた。

     

    若者は60キロあるかないかに見えた。

     

    「太りにくいんです」

     

    ホテルのラウンジに「ディキシー・ベイビー」が流れた。

     

    50年前、このホテルで出会い、恋をした女がいた。

    ローウェルはその女を忘れることはなかった。

    女はヒッピーで、誰とでも寝た。

     

    「アナタはわたしのディキシー・チキンなんよ、

     そんでわたしはアナタのテネシー・ラムね」

     

    そんなどうでも良い歌を彼女はいつも歌った。

    夜のベッドで、或いは、川のほとりの草の上で。

     

    「そう云えば、二杯目のビールを運んで来たひげ

     もじゃの男。あの歌を鼻歌で歌っていたなー」

     

    ラウンジに「ディキシー・ベイビー」のサビが流れた。

    すると、ラウンジにいた客全員がグラスをかざし歌った。

     

    「イフ・ユー・ビー・マイ・ディキシー・チキン、

     アイ・ワナ・ビー・ア・テネシー・ラム」

     

    な、なっ、なんと、女は街中の男と寝ていた。

    「いい女だったもんなー」

    ローウェルはクスリと笑った。

     

    「なんかみんな盛り上がってますね」

     

    若者は云った。

    ローウェルは今起きた話を若者にしようかと思ったが

    やめた。「これはヒットする」。

     

    ミスター・コイズミはその後、父親の後を継ぎ、代議士

    になった。大出世した訳だが、この当時は政治を専攻す

    るコロンビア大学院の学生だった。

     

    ローウェルはこの夜のことを歌にした。

    題名は「ディキシー・チキン」。

    かなりヒットした。

     

    そして2019年、8月11日の深夜。

    日本の石川県小松と云う街のライブハウスの事務所で、

    ひとりの男が「ディキシー・チキン」をカバーしようと

    思いたった。

     

    「まあ、出来れば、カバーじゃなくて、オリジナルが

     良いんだけどね。まずは、カバーかな」

     

    男は炭酸水をグビリと飲んで、腹を撫ぜた。

    その腹は、ローウェルよりもデカかった。

    その男もまた若い時は、女で散々な目に会った。

     

    「青春の思い出は、歳を取るごとに、新事実が分かって

     きて、嫌な思い出になるわなー」

     

    男はキツイ現実を笑い飛ばそうと思った。

    そう、沼の泥の中に長くいてはいけない。

    男は炭酸水を飲み、でかいゲップをした。

     

    男は事務所を出た。

    ひとりで夏の夜の街に消えた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955928