RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ディキシー・チキンな夜 | main | 桃と国防 >>
香港を日本は守れるか!
0

    8月14日    猛暑    起床2時半

     

    朝食    トースト

          トマト・キャベツ・きゅうり

          のサラダ

          ぶどう

          牛乳

     

    午前8時50分。

    僕は自転車で「昭和通り交差点」の淵に立った。

    この時刻で、すでに交差点は白熱し、白いモヤが上が

    っていた。

     

    「よく燃え上がらんもんやな」

    自然発火しても不思議じゃない。

    相当長い間、小松に雨は降っていない。

     

    先週の木曜日。

    バンド練習が終わり、一杯飲みに行こうと、駅前交差点

    で信号待ちをしていると、モルモン教の布教をしている

    白人二人が、自転車に乗ったまま話しかけて来た。

     

    「お時間ありますか。話せますか」

    僕は時間が無いと答えた。

    うっとおしいなーと思いながら。

     

    僕の後ろでK君が彼らに云った。

    「俺、神様信じてないし」

    そう云えば追い払えると思ったんだろう。

     

    「えっ、信じてないんですか?」

    「信じてないし」

    「そうですか」

     

    その光景がしばらく頭に焼き付いた。

    なぜ日本人はこれほど安易に「信じていない」と云える

    のだろう。

     

    K君がどうのではなく、僕も以前に「信じていない」と

    彼らに云ったことがある。

     

    ー 神を信じていない −

     

    これは、かなり重大な発言だ。

    これを聴くキリスト教徒はどう思うか。

    「日本人は人間らしい人間ではない」

    そう思うだろう。

     

    他国の者に、臆面もなく「神は信じない」と云える日本

    人とは、一体、何者なんだろう。

     

    米国民の65%は神を信じている。

    それは当然だ。彼らは子供の頃から教会に通う。

    では日本人の何パーセントが神を信じているのか。

    10数%らしい。

     

     ー この事実をどう考える −

     

    日本人は科学で実証されたこと以外信じないのか。

    もしそうだとしたら、日本人は全員が新人類か、共産主義

    者だ。

     

    グダグダ書いているが結論を云うと。

    神を信じない者より、神を信じている者の方が幸せだ。

    浄土真宗であろうが、創価学会であろうが、モルモン教

    であろうが、宗派は関係ない。信ずるものは救われる。

     

    日本人は宗教を胡散臭いと思っている。

    何故そうなったんだろう。

    神は信じないが「男女間の愛」は信じるらしい。

    かなり片寄ってる。

    「男女の愛」こそが、一番信じられないんじゃないの?

     

     − さて、時期が時期なので ー

     

    憲法9条を改正すれば、ゆがんだ背骨がピンと伸びる。

    僕はそう思っているんだけど。

    色々な歪みの元は9条だよ。

     

    この歪みを直せば、経済はもっと大きくなる。

    新しい産業が起きる。国家予算の無駄使いはなくなる。

    日本は晴れて真っ当な国になる。

     

    世界の平和の為にも9条は改正しなければ。

    ジョン・レノンはきっと分かってくれただろう。

     

    ユー・メイ・セイ・アイム・ア・ドリーマー

     

    日本は世界の味噌っかすではない。

    反日の存在理由はとっくに消えている。

     

    中国と米国だけじゃ平和は来ない。

    中国に対しても、米国に対しても、思う所をしっかり

    云える国は、日本以外に無い。

     

    独裁の中国、信じられます?

    ほんと、ひどい国だ。

    米国は必ず軍事行動すると思う。

    かって、中国に進出した日本にしたように。

     

    香港の学生達を、あなた、支持するでしょう!

    香港や台湾を支えられるのは日本。

    脱亜論で、いち抜けですか?

    そんな訳にはいかんでしょう。

     

     − 亜細亜を守ろう −

     

    香港を、台湾を、ミャンマーを、インドネシアを、

    そして、韓国の民と中国の民を。

     

    日本軍が解放したのなら、現在の日本も亜細亜を守る義

    務がある。それでこそ歴史は一気通貫する。繋がる。

    先人達に、犠牲になった300万の日本人に、申し訳が

    立つ。

     

    キープ・オン・トラッキン!

     

    一歩づつ進もうじゃないか。

    ジョン・レノンもジェリーガルシアも味方だ。

    敵はこの国の中にしかいない。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955929