RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 香港を日本は守れるか! | main | いつかは市街戦で決着着けよう >>
桃と国防
0

    8月15日    晴れ・曇り   起床6時

     

    朝食    きゅうり、トマト、キャベツ

          のサラダ。エゴマ油。

     

    今日は38度になるとか。

    その割に外は暑くない。

    自転車でマッツへ。

     

    母は果物が好きだ。

    でも僕はそれほど好きではない。

    そのことを何度云っても母は理解しない。

     

    世の中に、果物を好きな男はほとんどいないと思う。

    都会で一人暮らししてる男が、果物を買うのを見た事が

    ない。男はスイカは喰うが。

     

    夏は果物のパラダイスと化す。

    スイカ、桃、この頃はナシにブドウ。

    家の冷蔵庫にはこれすべて入っている。

     

    だいたい酒飲みは果物は食べない。

    果物には「家庭」「子供」「一家団欒」のイメージがく

    っついている。男が好む訳が無い。

     

    さて、終戦記念日。

     

    「平和、平和」と叫んでみても、日韓のこじれはどうし

    ようもない。結局、日本政府は様子をみている。

    韓国が世界に向け、日本をあしざまにののしっても、打

    つ手がない。

     

    ムンジェインの思うがまま。

    やりたい放題。

    だいたいレーダー照射事件においても、日本は最後、黙っ

    てしまった。

     

    海上自衛隊軍旗事件。上皇に謝罪を要求する事件。

    どれもこれも日本政府は対応しなかった。

    そして今も、黙って見ている。

     

    韓国がどう思おうが、腹立てようがどうでも良い。

    今すべきは、国内における反日勢力の一掃だ。

     

    それが出来れば上々だと思う。

    そして、小学生、中学生にも分かる様に説明すること。

    彼らまでが負け犬になってもらっては困る。

     

    韓国は決して敵ではない。

    敵は北朝鮮であり中国だ。

    特に諸悪の根源は北朝鮮。

    この国が韓国を飲み込むなら、日本は韓国防衛の為、自

    衛隊出動を決断しなければならない。

     

    トランプの役目は終わったのかも。

    日本はトランプを見限る時期を待ち、彼が日本の害にし

    かならないと思えば、手を切る覚悟がいる。

     

    もう、過去の外交や、慣習は通用しない。

    トランプだけがアメリカじゃない。

    日本政府は正しいことをしてるなら、相手が米国大統領で

    もひるまず、「正しいこと」を成し遂げればいい。

     

    四国、九州、中国地方を台風が襲っている。

    日本のまわりは疫病神だらけ。

    大国主も、えびすさんも、いない訳で。

     

    でも国内が充実してゆけば、それに勝る国防はない。

    まずは国の中の断捨離が必要。

    捨てなきゃ新しくはなれないよ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955930