RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 桃と国防 | main | 女のボーカル募集です。 >>
いつかは市街戦で決着着けよう
0

    8月17日   晴れ   起床7時半

     

    朝食    チャーハン

          きゅうりマヨ

     

    ユー・チューブを見まくり出して、僕は大いに楽しん

    でいる。なかなかに面白い。

    次々に新しい情報に出会い、僕の妄想は際限なく広が

    り出した。そのせいで頭が疲れる。

    夜はぐっすり眠れるが。

     

    昨晩は森田観光と飲みに出た。

    「えびすや」から「月光亭」。

    彼は今日、大阪のサマー・ソニックを見に行くと云った。

    「じゃあ、星稜の試合観んがや」

    「観たいんですけどね」

     

    彼はかなりな高校野球オタク。

    僕はピンときた。

    「お前、女と一緒やろ!」

    森田観光は含み笑いをした。

    「当たりです」と云う代わりに。

     

    こちとら、女のオの字もない。

    淋しい夏や、なんてね。

     

    韓国には韓国の歴史があり、文化がある。

    僕は何も知らない。何も知らないから基本はどうでも

    良い。それにしても日本のテレビメディアは「韓国、

    韓国」と騒がしい。

     

    今回の問題の本質は、日本にとってはと云う意味では、

    反日分子が、日本人の文化と伝統をコナゴナにしている

    流れを止めるか、続けるかにある。

     

    そもそも、憲法9条二項の除外すらできない現実は、い

    かに多くの日本人が左翼化しているかを示している。

    文化人と呼ばれる人の99%は護憲であり、9条は世界

    の宝だと、確信をもって発言している。

     

    僕はその原因のすべては全共闘運動、あの学生運動に有

    ると思っている。

    彼らは今も反日であり、反米であり、中国・北朝鮮に憧れ

    ている。

     

    でも、彼らははっきりと意見を云わない。

    こそこそと朝日や東京新聞を読み、留飲を下げ、自分を

    正当化し、年金暮らしをしている。

     

    現在の69歳。70歳。71歳。72歳。

    その歳で、大学を中退か卒業したものは、ほぼ例外なく左

    翼運動をしている。必ずどこかの左翼セクトに属している

    はずだ。

     

    中国に、毛沢東に、死ぬほど憧れた人たち。

    日本と云う国をぶち壊そうとした人たち。

    彼らの罪は決して軽くはない。

     

    彼らこそが護憲派を支え、立民を支え、今は「令和新選組」

    とかに、妙なシンパシーを感じる反日分子に他ならない。

     

    若い時に、妙な事を吹き込まれ、それを信じたが為に人生

    を棒にふった人たち。真面目な人ほどひどい目に会った。

    ほとんどはヘルメットを脱ぎ捨て、大会社に就職し、モー

    レツサラリーマンと化し、体制派にもぐり込んだ。

     

    「日本軍国主義」を否定した人達は皮肉にも「左翼革命」

    と云う「幻想」を信じ込んでしまった。

    なんと云うアイロニーか!

     

    「嫌ったもの」以上に、「訳の分からない存在」に堕ちた。

    そして、誰もその責任を取らなかった。

     

    そうならば、韓国大統領ムンジェインの方が百倍芯が通っ

    ている。彼は「北」を身をもって守ろうとしている。

    北にとっては大迷惑かもしれないが。

     

    金正恩は「南」との統一を、本当に願っているのか?

    彼は素振りは見せても、南北統一は頭の中に無いのかも。

    彼は彼の「王国」で安全に生きられれば、それで充分だ

    と思っているのかも。

     

    ここが重要で。

    ムンジェインはどうも、金正恩が統一に関心がないことを

    悟ったのではないか?ムンはただ空回りしている自分に気

    がついた。大きな心の支えが消えた。

     

    今一番大事なのは。

    自分を疑うことだ。

    右も左も、多分、みな真実からは遠い。

    「俺は正しい」なんて思い込むのはチト早い。

     

    ー 何も知らない −

     

    そう、僕らは今のとこ何も知らない。

    韓国の人達も知らない。

    そう思えれば、国の中にいる、本当の犯人が誰か分かる。

    どうしようもないアナーキストが誰で、テロリストが誰

    なのか、しばらくすれば分かる。

     

    右を向こうが、左を向こうが、それは人の勝手だ。

    共産主義でも、社会主義でも、一向に構わない。

    国粋主義でも、右翼でも、何も問題はない。

     

    敵は反日だ。

    人種差別主義者でもない。人間はみな差別をする。

    一掃すべきは、北や中国を疑いもしない者たちだ。

     

    彼らにも必ず「理」がある。

    でも、そんな「理」はこの国にはいらない。

    いや、もし彼らの「理」に賛同するなら、堂々と発言し、

    正々堂々、激突しようじゃないか。

     

    くれぐれも、韓国は敵ではない。

    敵はこの国の中にいる。

    彼らは中国の為に、北の為に、この国を分断する。

     

    まさに沖縄に住み込んだ「凶暴な反日テロリスト達」が

    沖縄独立とか、訳の分からないことを叫び、沖縄を泥沼

    に引きずり込んだ。

     

    沖縄の姿は、明日の我々の姿だ。

    いや、すでに僕らは反日テロリストの思うがままだ。

    すでに洗脳され、コントロールされている。

     

    9条二項ですら、いまだに変えられない。

    狂ってるとしか思えない。

    思えないが、まあ、冷静に行こう。

    キープ・オン・トラッキン!

    一歩づつ前に。

    一歩づつ前に進もう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955931