RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 女のボーカル募集です。 | main | ロックにナンセンスは必要です >>
ミッキーとの日米決戦
0

    8月19日   晴れ   起床6時

     

    昼食   巻き寿司

         ギョウザ

         トマトときゅうりのサラダ

     

    バンドで女のボーカルを募集と書いたら、驚いた人が

    いたみたいだが。美人募集な訳じゃないので間違えな

    いでね。

     

    ー 僕は歌えるバンドがいい −

     

    演奏も出来るが、歌も歌える。

    割合で云えば演奏4で歌が6。或いは演奏3で歌が7。

    グレートフル・デッドのライブを聴けば、概ねそうなっ

    ている。

     

    歌の大きさに比べれば、ドラムス、ベース、キーボード

    の音量は驚くほど小さい。

    でも、ガルシアのソロは、歌と同じボリュームでミキシ

    ングされてる。

     

    だいたい米国式ロックはドラムの音が小さい。

    反対に英国式ロックはドラムの音がデカい。

     

    米国は歌(ストーリー)が中心。例えロックでも。

    デッドのミッキー・ハートは何度も云った。

     

    「ショダーン!ストリームしては駄目だ」

     

    「ストーリーをテラーしなくちゃ。そうじゃないと

     客はどんな歌か分からないでしょう」

     

    あれだけ演奏に力を入れたバンドでさえそうだ。

    「語るごとく歌え」

    成る程と思う。でも当時の僕は「ミック・ジャガーを知

    らんのか?ミッキー」と反発した。

     

    僕は決していい生徒ではなかった。

    「なんで俺がストーリーをテラーせないかんのや!」

    レコーディングは日米決戦と化した。

     

    「ショダーン!ダンサーと云えばいいんだ。妙な発音で

     ダンスァーなんて誰も云わないぞ!」

     

    「もっと力を抜けショダーン!リラックスして歌え!」

     

    「リスナーを煽動したいのか!落ち着け!」

     

    「何度も云わすな!スクリームするな!」

     

    出来の悪い生徒を、彼は決して見放さなかった。

    その気持ちが僕にも伝わった。

    日本の、どこの馬の骨とも知らないバンドのボーカルに、

    彼は真剣に長時間向き合った。

     

    朝まで「ひと口坂スタジオ」でレコーディングし、その

    夜、僕等は伊豆に向けて車で出発した。

    日本で質素に暮らしてるミッキーに贈り物をしたかった。

     

    僕は義母に頼み、義母が経営するホテルを開放してもらっ

    た。総勢20名ほどを、義母は快く迎えてくれた。

    ホテルに着いたのは午前1時近く。

     

    その時刻から、僕等は宴を開き、飲めや歌えやの一夜を

    過ごした。御膳には、伊豆の魚やご馳走がところ狭しと

    並んだ。

     

    妻の親戚のサラリーマンが、銀座のホステスをタクシーに

    詰め込むだけ詰め込んで、夜半にホテルになだれ込み、義

    母に世話になった話を妻から聞いたことがあった。

     

    僕も似たようなことをした訳で。

    義母はそんなことは苦にしない性格だった。

    と云うか、好きだったように思う。

     

    義母は宴が終わるまで楽しそうに付き合ってくれた。

    ミッキーもリラックスして、伊豆の夜を楽しんでいた。

    義母の太っ腹に大いに感謝や!

     

    話はアチコチ飛んでしまったが。

     

    僕のポケットはいつもカラだった。

    僕はめんたんぴんのメンバーの世話になり、妻の世話にな

    り、常に、誰かの支えでここまで来た。

     

    僕の取り柄は、馬鹿で調子の良いところだと思う。

    まあそれが、「取り柄」かどうかは分からないが。

     

    競馬や競輪で儲けたことは一度もない。

    「今までで、最高いくら勝った事ありますか」

    そんなラッキーな目に会ったことは一度もない。

     

    それが僕のギャンブル運だと、ハナから分かっている。

    でも、ギャンブル運は無いが、僕は運が強いと思う。

     

    元米軍兵士のK君は「弾の飛んでこない国で反戦歌歌う

    卑怯者になるな!」と、僕をいさめた。

     

    「日本の左翼なんてな、忠平!なんもせんよ!」

    競馬場のパドックで右旋回させたHさん。

     

    僕はひとに恵まれている。

    有難いことだ。

     

    これで、あんた、音楽的才能があったら、申し訳ない

    でしょうが。そんな才能はボチボチ。

    ひとより少し少ないかな。

    でもね、好きなことだからね、少なかろうが多かろうが

    関係ないから。ね、調子いいでしょう。

    馬鹿ですから、ハイ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955933