RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ミッキーとの日米決戦 | main | お前ひとりの人生やないからな! >>
ロックにナンセンスは必要です
0

    8月22日    小雨    起床6時

     

    朝食    トマト、きゅうりのえごま

          サラダ

          トースト

          牛乳

     

    カッパを羽織り自転車でマッツへ。

    昨日は、雨の中を2度自転車で出掛け、2度とも

    ずぶ濡れになった。

     

    まあ、夏だからね。

    それもまた「楽し」だ。

    カッパも体もすぐに乾くんだし。

     

    「デスペラード」はメキシコ風にアレンジした。

    それに味をしめ。

    「ドント・ルック・バック・イン・アンガー」も、

    メキシコ風ラテンに変えたくなった。

     

    こうなりゃ、ラテン・ロックや!

     

    「めきしかん・ろっく・ごーごー・ゴーゴー」

    大昔、橋幸夫さんが歌っていたなー。

    多分、作曲は吉田正・御大だろう。

     

    「ドント・ルック」も、これがまたラテンに合うんだわ。

    まあ、ロックはそもそもラテンだから合うんだけど。

     

    多分、「ホテル・カリフォルニア」も合う。

    飛田はこう云うアレンジ好きだったなー。

    「なんでもラテンでやってみよさ、きっと笑えるわ」

    ナンセンスは僕も大好き。

     

    ピアニストの渋谷毅さんがおっしゃった。

     

    「飛田は読めないからねー、突然来るんだよ。

     何でここで来るんだよって場面でさ、来るのよ」

     

    ステージでの話ね。

     

    ツアーが終わり、明け方、みなクタクタに疲れ、車の中で

    うとうとしてると、突然飛田がギャグを飛ばす。

     

    運転席から振り向き、眠りかけてるメンバーに叫ぶ。

     

      「かっきゃま喰わんけ!」

     

    笑う元気もないんだけど、笑う。

    「かっきゃま」に勝てない。意表をつかれる。

     

    「4人のメンバー全員がダラのバンドは!」

     

    この手のクイズも好きだった。

    「わからんわ、どのバンドや」

     

    「フォー・カス!」

     

    どっと笑う。

    「フォーカス」なんてギリギリやから、よけい面白い。

     

    池田洋一郎と飛田一男が双璧だった。

    僕やサブは聞き役。

    二人は次々ギャグを飛ばし、僕等を笑わせた。

     

    ギタリストは頭の回転が早い。

    さだまさしさんも回転が早い。

    きっと彼はボーカリストではなく、バイオリニストかギタ

    リストだと思う。

     

    えーっと。

     

    「小松・サウンド」を作りたい訳で。

    アレコレ考えている。

    歳を喰うと、義務感より好奇心の方がデカくなる。

     

    若い頃よりも「自分」に近づこうとする。

    やはり、答えは自分の中にすでにある訳で。

    外に広がりつつ、内側の「自分」も見つめている。

    もうひと仕事せんとイカン。

    18の頃に戻りながらね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955934