RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ロックにナンセンスは必要です | main | 反日やら反韓やらの大盛り。 >>
お前ひとりの人生やないからな!
0

    8月27日   曇り   起床6時15分

     

    朝食    サラダ(きゅうり、トマト)

          トースト

          コーヒー牛乳

     

    このところ忙しい。

    まあ、忙しいと云っても、世の中の人達に比べると、

    かなりヒマな部類かも知れないが。

     

    涼しくなったのでウォーキングを再開。

    初日は、歩き方が分からなくて難儀した。

    二日目は少し慣れたが、体の軸は上半身と下半身でズレ

    ていて、ねじれたまま歩いている。

    でも、これはこれで楽チン。

     

    「ねじれ歩き」は、いがいにスピードが出る。

    スイスイ進む。それに疲れない。

    首は右側にかたむき、腰は左側に向いてる。

    まあ、競歩的変形型かもね。

     

    ー ソウルで日本人の女の子が暴行を受けた −

     

    ソウルになど行かなければいい訳で。

    殺されなくて良かった。

     

    そんで思うんだけど。

    日本人は在日韓国人や在日朝鮮人をよく知っているが、

    韓国人のことは全く知らないことを、もっと自覚すべき

    だ。

     

    在日の人達はそもそも日本生まれも多く、日本人と同じよ

    うに暮らし、同じテレビを観、同じような感性だ。

     

    でも、韓国人のことは全く知らない訳で。

    日本人は在日と、韓国人を重ねていると思うんだけど。

    これが大きな間違いを生み続けて来た原因じゃないかな。

     

    朝鮮半島では、1に北朝鮮人、2に韓国人、3に在日と

    の階級が存在するらしい。

    在日は韓国に行けば差別され蔑視される。

     

    「同胞が南北戦争してるときに、平和な日本でヌクヌク

     と富を蓄えた卑怯者達」

     

    在日を馬鹿にする差別主義者に、何を云っても無駄だ。

    今回で、妙な兄弟意識や、親近感はコナゴナになったん

    だから、韓国とはしばらく、冷たい関係で行けば良い。

    特別な関係はナシで。

     

    関係してもロクなことがない。

    それより、在日の人達と良好な関係を築く方が百倍良い。

    「日本に帰化しろ!」なんてアホなことを強要したり、

    朝鮮人の誇りを傷つけるようなことは慎むべきだ。

     

    そもそも、日立と東芝が束になって掛かっても、サムスン

    には及ばない。日本はこの分野では、大きく水をあけられ

    た。

     

    そのことの方が遥かに問題だと思う。

    経済成長から、世界でただ一国、日本は取り残された。

    その原因は一体何なのか!

     

    これを白日の下に公表し、是正に向かえれば、立民であろ

    うが、共産党であろうが、令和であろうが、僕は支持する

    訳で。アベノミクスがどうとかこうとか云う政党は、全く

    いらない。

     

    じり貧のこの国を、子供や孫に残すの?

    「こんな国はいらない!」

    多分、孫たちはそう云うだろうな。

     

    戦後体制は、冷戦が終わった時に役目を終えた。

    とうの昔に変えるべきだった。

    そして今も、全ての足かせになってる9条2項さえ、日本

    人は変えられない。

     

    一人当たりの収入も、韓国に抜かれる。

    これで日本の息の根は止まる。

     

    韓国のことなど、かまってる時間はない。

    文大統領が左だろうが傀儡だろうが知ったことじゃない!

    日本ですよ日本!

    僕にとってはプラス小松ですよ!

     

    地方はボロボロじゃないですか!

    もう元には戻りませんよ。

    崩れていくだけです。

     

    それを望んだのは僕とあなたです。

     

    「故郷なんて知ったことじゃない!」

    「どうせ馬鹿しかいないじゃないか!」

    「面白いもの、何もないじゃない!」

    「そんなとこで暮らせませんよ!」

     

    政治への無関心。欲望の小型化。

    ほんと、先人に申し訳が無い。

    僕は来月、靖国に行って英霊に謝ろうと思う。

     

    「この国を無茶苦茶にしてしまいました」

     

    英霊たちはなんというだろう。

    その声を切に聴きたい。

     

    そして、キープ・オン・トラッキン!

    一歩づつ歩み続ける。

    焦らず、やけにならず、あきらめず。

    この国の為に、小松の為に、役に立てるように。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955935