RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 8月のコオロギ。 | main | 韓国は面白いぞ! >>
被害者ぶるのは卑怯やな。
0

    9月3日   晴れ   起床6時

     

    朝食    生姜焼き

          冷ややっこ

          トースト

     

    母親の食が細くなってきた。

    これまで食べていたものまで食べたくないと云う。

     

    放って置けばそれまでなので、母親の昼飯は僕が朝作

    り、冷蔵庫に入れている。

     

    そんで、僕の昼の弁当は母親が作る訳で。

    何とも妙な感じ。でもまあ、現実なんてそんなもんで

    しょ。

     

    朝っぱらから「大事件です!」なんて云うからテレビ観る

    と、週刊ポストの「断韓!韓国人と云う病理」と云う記事

    に、文化人やコメンテイターが文句を云ってた。

     

    「これを見た日本にいる韓国の子供たちがどう思うでし

     ょう」

    「絶対に許せない!私は小学館の仕事は受けない」

     

    内田ナントカ先生とか、柳ナントカ先生は猛烈に抗議し、

    小学館が謝罪したとかしないとか。

     

    ほんなら、日本人の子供はどうなんの?

    あることないこと云いまくる韓国政府の意見を、テレビは

    垂れ流しているけど、それについて内田某や柳某は抗議し

    たんかな?

     

    おかしいなー。これはおかしい。

    全くフェアじゃない。

     

    慰安婦の合意を破棄したんは韓国政府やし、天皇に謝罪し

    ろ云うたんも韓国の国会議長や。自衛隊の旗に文句云うた

    り、徴用工問題を蒸し返したんも、日本人からしたら、こ

    れすべて韓国やけどね。

     

    いつか来た道やなー。

    結局、日本人が悪いって云う結論かいな。

    いやんなるなー。

    僕の子供の頃からずーっとこれや。

     

    韓国には韓国の言い分がある。

    日本にも日本の言い分がある。

     

    どっちが正しいか韓国人に問えば「韓国や!」と云うし、

    日本人に訊けば「日本や!」と云うのは、当たり前のコン

    コンチキや。

     

    これは話し合いとかの問題じゃない。

    「人間である」ことの問題だ。

     

    韓国人としての誇りがあるように、僕等日本人の誇りもあ

    る。日本人の誇りを傷つけたり、せせら笑ったりすること

    は、なに人であろうが許されない。

     

    ようやく、当たり前の事が云える国になろうとしている。

    国の中枢は左派が占め、文化人はイコール左翼人。それ

    でも、よく日本は持ちこたえて来た。

     

    もし、ロック・バンドで、歌詞を書くことをしていなかっ

    たら、僕は今も左翼だったろう。

     

    ー 歌詞は「俺って一体何者?」から逃げられない −

     

    帰国子女は「日本語の詩」が書けないと聞いたことがあ

    る。いくら日本語を話せて書けても、詩を書くには、別

    の何かが必要になる。

     

    どんな風に、アイデンティティが育まれるのか。

    それはまたの機会に書くことにしよう。

     

    ロックの面白さはグローバルであり、ローカルなところ。

    その方向はこれからも変わらない。

     

    − ロックは演歌でもないし、ポップスでもない。

      ましてクラシックじゃないし、ジャズでもない −

     

    「それはスポットライトじゃない」みたいだ。

     

      − あの光そいつは あんたの目に いつか輝いて

        いたものさ −

     

    自分にとって、一番大事なものを見つけよう。

    まだまだ、これからでっせ! ネ!

    頑張りましょう、エブリバディ!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955938