RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 韓国は面白いぞ! | main | 英霊の声を >>
たまには「後ろ向き」も良いぜ!
0

    9月9日   晴れ   起床6時

     

    朝食    トマト

          きゅうり

          温泉卵

          牛乳

     

    台風15号は伊豆稲取で瞬間最大風速48mを記録。

    妻に寄れば途中でテレビが消え、台風の進路も位置も

    分からなくなったとの事だった。

     

    僕は子供の頃、小松で55mを経験している。

    家の柱がギシギシ鳴り、屋根は飛び、全く生きた気が

    しなかった。

     

    台風が過ぎ、停電になった暗い家の中で、祖母が七輪

    で魚を焼いた。戦時下の空爆時も、きっとこんな夜だ

    ったんだろうと思った。

     

    父は勤務先の金沢から帰れず、祖父と母が屋根に上り、

    暴風の中、畳を何枚もトタン屋根にかぶせた。

    妹は泣きながら祈っていた。

     

    父は自力で手取川まで来たが、橋が通行禁止で足止めを

    喰った。僕は何をするでもなく、恐怖に震えていた。

    翌日、芦城公園に行くと、高台に生えていた松の木は、

    ほとんどが折れていた。

     

    ー NHK「竹内まりあ40年」 −

     

    まあ、偶然なんだけど、竹内まりあのテレビ番組は何

    度か観ている。そのたびに凄い人だと思う。

     

    だいたいユーミンをはじめとして、日本の女性シンガー

    &ソングライターは物凄いのが多い。

     

    男はサッパリだけど。

    拓郎さんも陽水さんも、彼女らの世界の広さには敵わな

    いもんなー。それに、女の人は前向きだから。

     

    達郎が云ったように、彼女の特徴は人間を肯定してるこ

    と。彼女はクリスチャンなのかな。

     

    カンツォーネがべらぼうに上手い。

    イタリアの帰国子女だったっけ。

    帰国子女は詩が書けないなんて、彼女には関係ない。

     

    男は暗いからね。

    前向きな歌は作れない。

     

    ポール・マッカートニーの前向きさね。

    昔から苦手。

    ポールはもちろん偉大だけど。

     

    ビートルズのすぐ後にワルが出て来た。

    ストーンズね、衝撃だったなー。

    中学生にとって、ビル・ワイマンとチャーリー・ワッツ

    の顔が衝撃だった訳で。

     

    「めんで顔(ひどい顔)やなー!」

     

    加えて、チャーリーのドラムは遅れ気味だし、ビルのベー

    スは、どこをどう弾いてるのか分からないし。

     

    「いやー、演奏もめんでわ!」

     

    でもね〜、屈折してる中学生にとって、ストーンズは身じ

    かだった。反対に、ビートルズはきちんとした優等生に思

    えて、僕はすぐに興味を失った。

     

    ここですよ、ここ!

    ロックに行くか、ポップスに行くかの分かれ目は!!

     

    きちんとアレンジされた演奏はつまらない。

    僕はユーミンやマリアなど、ポップス系の人は嫌いじゃな

    いけど、彼ら、彼女らの、完璧にアレンジされた楽曲には

    全く興味がない。

     

    悪く云えば、歌謡曲と同じだ。

    なんかね、「中産階級のスノッブ的まどろみ」ね。

    日本のポップスはいがいにも、僕の心を不安にさせる。

     

    「こんな世界は誰かに一発で粉砕される」

     

    そう思ってしまう。

     

    やっぱ、「後ろ向き」を歌って、リスナーの気持ちを「前

    向き」にするのがいい。

    まあ、前を向こうが、後ろを向こうが、好き好きだけど。

     

    人生はいい加減に、自由に、行ければ云う事はナ・シ・コ。

    他人は気にせずマイペースで。

    キープ・オン・トラッキン!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955940