RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< たまには「後ろ向き」も良いぜ! | main | 秋の訪れ有り難き >>
英霊の声を
0

    9月10日   晴れ   起床6時半

     

    朝食    目玉焼き

          焼きナス

          トマト

          きゅうり

          牛乳

     

    昨日は金沢で「ロック入門」。

    かなりみっちり皆で歌い込んだ。

    ギターを弾く人には細かく教えた。

     

    「山下達郎みたいなカッティングで弾きましょう」

     

    午後9時8分発の特急で小松に帰り、自転車で家に向か

    った。家までの間、ずっと考えた。

     

    ー 僕のスタイルを確立せねば −

     

    午後11時半、寝床に入ったが眠れない。

    体は疲れているのに、頭は疲れていないみたいだ。

    卓上ステレオのスイッチを入れ、次々CDをかけ、それ

    に合わせてエレキを弾いた。

     

    「ホテル・カリフォルニア」を歌う。

    続いて「デスペラード」「テイク・イット・イージー」。

    体の力が抜けているので、楽に歌える。

     

    もっと歌い込み、もっと弾き込もう。

    何かに近づくにはその方法しかない。

    時間を圧縮する。通るべき所を早めに通る。

    一挙に頂上には行けない。

     

    日韓問題も、米中貿易戦争も、香港も、遠くなった。

    僕は古びた刀を火に投じ、再び打ち直そうとしている。

    どうも、「負けたくない!」って思ってる。

    誰に勝ちたいのかは分からないが。

     

    数日後には靖国を訪れる。

    同級のK君に相談すると、(彼は靖国神社に依頼され

    作品を神社に納めた)いろいろな資料を持ってきてく

    れた。

     

    K君の作品を前から見たいと思っていた。

    まずは英霊の前にこうべを垂れ、我が身の不甲斐なさを

    謝りたい。そして、先人たちの「声なき声」を聴きたい。

     

    僕等60代の務めを果たそう。

    何もせず、ただ若者たちを馬鹿にしていては地獄行き。

    妻や子の為に生き、自身の為に生き、国の為に生きる。

     

    戦前であろうが、戦後であろうが、変わらない。

    でも、これすべて、自由だ。どう生きようが自由。

    ここは自由の国。どこかの国とは違う。

     

    「不自由」に憧れる輩には断固対抗する。

    理屈もヘチマもない。

    日本は自由の国。

    素晴らしい!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955941