RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 英霊の声を | main | 英霊と伊豆の満月と >>
秋の訪れ有り難き
0

    9月12日   晴れ   起床6時半

     

    朝食    ソーセイジ・玉ねぎの

          ニンニク炒め

          トマト

     

    涼しくなった。

    これで南房総市や館山市の人達は一息つける。

    モンゴル高原からの高気圧はなんとも有難い。

     

    叔父の身の回りの世話をしてくださっている遠い親戚のオ

    バチャンが、僕の家にも野菜やら新米やらを届けて下さっ

    た。仏さんのような人だ。

     

    叔父は体が不自由なので、この人がいないと、絆創膏ひと

    つ張れない。叔父の妻が他界してから、この人はずっと叔

    父の世話をしている。

     

    ある種の、恋愛に似た行為だと思う。

    叔父とその人は幼馴染。

    でもこれは、叔父の人徳であり、周りがとやかく言うもの

    ではない。叔父は昔から硬派だが、政治や文芸に強く、話

    が面白い。

     

    政治に関しては玄人。

    野球にも詳しかった。

    叔父に野村監督をどう思うか訊いたことがある。

     

    「野村?あれは嫌やな、理屈っぽ過ぎる」

    「ほんなら、気に入ってる監督は誰ねん?」

     

    ここで叔父は、物事の本質にかかわる答えを僕にくれた。

     

    「仰木やな、近鉄の。あいつは試合終わったらさっと

     着替えて、綺麗なネエチャンのとこに飲みに行く。

     負けても勝ってもミーティング無し。これが本当の

     プロやろな」

     

    僕自身、かなり叔父の影響を受けている。

    叔父には息子がおらず、僕は子供の頃からよく可愛がって

    もらった。

     

    さて。

     

    今月号の文芸春秋に寄れば、韓国のミスは、日本を理解し

    てると思い込んだこととか。

     

    特に、日韓の中心地だった釜山市民がそう思い込んだ。

    日に日に減って行く日本人観光客を見れば、変化に気付い

    て不思議なかったのだが、高をくくってしまった。

     

    これは僕も同じ意見。

    相手の国を知ってると錯覚してしまう。

    僕はこのブログで何度も書いた。日本はアメリカのことを

    ほとんど知らないと。

     

    知ってるつもりが一番危ない。

    先の大戦も、こっちは米国を知らず、米国も日本を知らな

    かった。

     

    国が違えば考え方も感じ方も違う。

    そもそも歴史や文化が違う。

     

    例えば、横綱白鳳。

    僕の母なんかは、白鳳の妻が日本人だと云うだけで、彼を

    日本人の如くに思っている。

     

    おまけに今度は「帰化」と来た。

    でも、間違いなく彼はモンゴル人であり、モンゴルの文化

    の元に生まれ育っている。

     

    「白鳳はこれで、相撲協会理事長、間違いなし!」

    これは危ない。日本人の嫁を貰おうが、日本に帰化しよう

    が、彼はれっきとした、誇り有るモンゴル人だ。

     

    どうも、ここらあたりが、日本人のお目出度い所。

    身勝手と云うか、思考停止と云うか。

     

    韓国統治においても、この身勝手な思い込みがキズを大き

    くした。天皇の名のもとであろうが、どうであろうが、朝

    鮮人が日本人になるはずがない。

     

    ー この国は民主主義国じゃない? −

     

    米国では西部劇の時代から、街の保安官は住民が決める。

    では、小松市警察署長は誰が決めるのか?

    この答、誰も知らない。僕も知らない。

     

    これは米国市民にしたら根本的におかしい。

    自分の住んでる街の安全を放棄してるに等しい。

    まあ日本は、国の安全さえも米国任せ、他人任せだが。

     

    警察署長も、教育長も、小松裁判所の代表判事も、これら

    すべて、自分の身に大いに関係ある人達なのに、その人選

    は、全て役人に丸投げている。

     

    民主主義は面倒くさい。

    権利だけを叫ぶ方が遥かに楽だ。

    でも、楽した分、旨味は役人に喰われる。
    苦労した役人はご褒美として「一生安泰」を手に入れる。

     

    ー 最近の体調管理 −

     

    こないだから酒を抜き、間食の甘いパンを抜き、糖質を抑

    えて来た。その甲斐があって、腹の出っ張りが少し穏やか

    になった。

     

    野菜をいっぱいもらうので、野菜をバクバク喰ってる。

    今朝はニンニクをもらった。腐らせるのが死ぬほど嫌なの

    で喰うしかない。

     

    えごま油をテーブルに置き、毎朝サラダにかけて喰ってい

    る。血圧が高い。これだけ涼しくなればウォーキングは楽

    だ。歩くしか血圧は下がらない。

     

    明日から数日小松を離れる。

    その為にも体調は整えて来た。

     

    バッグにT−シャツを数枚入れとこう。

    タオルも1枚じゃ足りない。

     

    僕には人徳が無いので、身の回りのことはすべて自分で

    やらなくてはいけない。

     

    若い頃から一人暮らしが長い。

    やっぱ、母に似た。

    ひとりを好むところ。

     

    独居老人まっしぐら。

    まあ、自然で良いんじゃないの。

    それでは、また。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955942