RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 秋の訪れ有り難き | main | ユー・マイト・シンク・アイム・フーリッシュ? >>
英霊と伊豆の満月と
0

    9月16日    晴れ    起床4時半

     

    朝食    目玉焼き

          サラダ

          チャーハン

     

    今朝、息子が車で熱海まで送ってくれた。

    小雨の中、伊豆稲取を午前9時に出発。

    途中、渋滞になり、熱海には11時近くに着いた。

     

    連休最終日のせいか、熱海は人でごった返している。

    若者も多いが、年寄りも負けないほど多い。

     

    「熱海の一人勝ちだよ」

     

    息子が云うように、伊東はガラガラ、稲取は瀕死の重傷。

    メイン通りは90%がシャッターを降ろした。

    観光ホテルだけが頼りになってしまった。

     

    9月13日。

    金沢から北陸新幹線「かがやき号」で東京へ向かった。

    東京駅から地下鉄で「九段下」へ。

    僕は目的地「靖国神社」の大鳥居をくぐった。

     

    参拝して、遊就館をゆっくり回った。

     

    遊就館は若い女の人が多く訪れていた。

    車椅子のお年寄りも多かった。

     

    独特の静けさ。

    戦死した兵士と、自決した女達の無数の写真。

    錆びた鉄兜。遺書。弾丸。

    高射砲。いくつもの飯盒。軍服。

     

    靖国を訪れる人は、靖国に呼ばれたと思うんじゃないか。

     

    英霊に呼ばれたと僕も確信した。

    そう思う出来事があった。

    重い荷物を抱えたまま歩き回ったので、久し振りに腰に

    来た。

     

    僕は用事をパスし、伊豆稲取へ向かった。

     

    品川駅構内のソバ屋で遅い昼飯。

    品川から東海道新幹線で熱海へ。

    熱海で伊豆急下田行きに乗り換え。

     

    いよいよ長い一日になった。

     

    川奈あたりで暗くなって来た。

    車内では白人達が楽しそうに話している。

    子供たちはゲームに夢中。

     

    稲取駅には妻が車で迎えに来た。

    靖国に行ったことを伝える。

     

    「晩御飯の買い物をしたら、足湯に行かない!」

     

    薄暗い町営の足湯に浸かった。

    他には誰もいない。僕らは向かい合って座った。

    じんわりと、熱が全身に伝わって来る。

     

    「稲取も台風の被害が凄かったのよ」

     

    オリーブが相当の被害を受けたらしい。

    汗が出て来た。

    「もう帰ろう」

    足を上げかけると妻が云った。

     

    「まだよ、もう少しいましょうよ」

     

    その晩は満月だった。

    ふいの風が、僕の脱いだ靴下を飛ばした。

    湯の中にふわりと落ちた靴下を、妻は手を伸ばして

    さっとつかみ取った。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955943